バント処理で甲斐キャノン、ファウルになっても球場どよめく

バント処理で甲斐キャノン、ファウルになっても球場どよめく

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/11/10
No image

2回、二塁に送球する日本代表・甲斐=東京ドーム(撮影・堀内翔)

「日米野球、侍ジャパン-MLBオールスター」(9日、東京ドーム)

侍ジャパン・甲斐拓也捕手が、セーフティーバントの処理で“甲斐キャノン”を発動。結果的にファウルとなったが、あまりの強肩ぶりに球場がどよめいた。

二回、無死一塁。5番のソトがセーフティバントを試みた。打球は捕手前で高く弾み、素手で捕球した甲斐がそのまま二塁へ送球。素早いモーションで二塁へ送り、スタンドのファンを沸かせた。タイミングは楽々とアウトで併殺コースだったが、捕球位置がファウル。それでも、MVPを獲得した日本シリーズと同じように“甲斐キャノン”をさく裂させ、強烈に存在感を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本一の後ソフトバンク大竹が真っ先に向かった場所
西武3位山野辺が契約合意 開幕1軍&三菱車乗る
阪神、新外国人有力候補にジョンソン 驚異的奪三振率のリリーフ右腕
背番号「46」のまま奮闘中 鷹・本多コーチが描くコーチ像「ずっと勉強」
日本も世界もお金持ちほどよく走る!? マラソンと寄付の不思議な関係
  • このエントリーをはてなブックマークに追加