侍・稲葉監督、清宮成長に期待 「ここという時に打てる選手に」

侍・稲葉監督、清宮成長に期待 「ここという時に打てる選手に」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/12
No image

侍ジャパン・稲葉監督(左)に話しかけられ、恐縮した表情を見せる清宮

野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(45)が11日、都内で行われた「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式に出席。同イベントで共演した日本ハム・清宮から20年の東京五輪への熱い思いを伝えられ、代表入りへの期待を膨らませた。

指揮官が求める代表選手像。自らも出場した08年北京五輪で代表を率いた故星野仙一氏の代名詞を引き合いに「熱い気持ちを持って戦いたい。絶対に金メダルを取るという熱い気持ちを(選手に)持たせたい」と話した。

その思いに清宮が呼応する。「そういう気持ちは負けないぐらい持っている」。そして「可能性がないわけではない。代表選手になれるように精進したい」と五輪への思いを指揮官に直接ぶつけた。

これには稲葉監督も「うれしいですね。常に目標の中に東京五輪に出たいという言葉がある。熱い気持ちを持った選手が私は好きなのでね」と笑顔だ。

清宮を「オーラがある。目標が世界に向けられているところも共感が持てる」と評した稲葉監督。本人には「焦るなよ」と優しい言葉も掛けた。そして具体的な目標も。「ここという時に打てる選手になっていくと選択肢に入ってくる」。じっくり、大きく-。2年半後の夢舞台へ、指揮官の期待がにじんだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム栗山監督がいま明かす「大谷との5年間、清宮とのこれから」
ソフトB上林が内川先輩に宣戦布告!! 「成績で負けたくない 一つでもいいので超えたい」
万年最下位から空前のDeNAベイスターズブームへ...ハマスタ大改修、誰でも感動体験
前代未聞!? ほぼ全席2500円で100種超食べ放題、 ホークス衝撃企画のなぜ
ヤクルト村上「動ける体作る」清宮超え鋼ボディーだ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加