【岩政大樹の視点】お粗末な「打たせ合い」になったハイチ戦。日本の対応力欠如に危機感を覚えた

【岩政大樹の視点】お粗末な「打たせ合い」になったハイチ戦。日本の対応力欠如に危機感を覚えた

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/10/11
No image

浅野(写真)や久保はアピール不足。原口がテストされたように、左ウイングからのコンバートもあるか。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

No image

マークが散漫になり、まさかの3失点。対応力の欠如が守備の崩壊を招いた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

No image

前半に幸先よく2ゴールを奪ったのは、ハイチの守備がまったく整備されていなかったからだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム

お粗末な試合になりました。「打ち合い」というより、両チームともに戦い方が整備されていないことで「打たせ合い」のゲームとなってしまいました。

前半の立ち上がり。日本は再三にわたってチャンスを作り、ゴールもふたつ奪いました。これは「日本が良かった」というより、ハイチの守備が驚くほど整備されていないことから起こっていました。

「守備が整備されていない」とは、ハイチ代表が「サッカーにおいて最もケアすべきエリアをまったくケアしていなかった」ということです。

守備をする際は、どこにもポッカリとスペースが開かないことが理想ですが、この日のハイチ代表や日本代表のように、「スペース」より「相手」を意識してポジショニングをすると、当然ながらどこかにスペースが開いてしまいます。しかし、サッカーの守備において極力開けてはいけない、最もケアすべきスペースというのがあります。それはセンターバックの前のスペース=「バイタルエリア」と呼ばれるところです。

にもかかわらず、前半のハイチ代表はふたりのボランチの選手が驚くほど離れてポジションを取り、かつバイタルエリアを使われた際に戻る意識も薄かったので、日本は好き放題攻めることができていました。

後半になるとハイチ代表はシステムを変え、そのふたりのボランチの間にアンカーのような選手を配置して、そのスペースを人で埋めてきたので、日本も後半は攻めあぐねましたが、なぜ前半にあれほど自由にバイタルエリアを与えてくれたのか疑問です。

一方、日本代表は無意識レベルだと思いますが、前半にあまりにも好き放題攻められたので「負けるはずがない」というムードがどこかにあり、ハイチ代表が配置を変えてきただけで一時は逆転までされる、という大味な試合をしてしまいました。

今の日本代表の問題点はやはり、”対策をとってきた相手”への対処が、柔軟に行なわれないことだと思います。つまり、「ハマれば素晴らしい」けど「ハマらなければ流れを引き戻せない」のです。 昨日の例でいくと、後半にハイチ代表が1ボランチにシステムを変更した場合の対処です。日本代表は昨日、一貫して4-3-3、中盤はひとりのボランチとふたりのインサイドハーフで組まれていました。それに対し、相手が2ボランチを敷いた場合は、ふたりのインサイドハーフが相手のボランチにマンマーク気味でつくことは容易く、ハリルホジッチ監督の強調するデュエルで主導権を握りやすくなります。

しかし、後半のハイチ代表のように、相手が日本代表の中盤と噛み合わないように、1ボランチにシステムを変更してくると日本代表は応用問題に直面します。「相手の1ボランチに誰が行くのか」「相手のインサイドハーフに誰がつくのか」。それらが場面場面で変わってくるので、今度は状況によって臨機応変な対応が求められるのです。

この日も、ハイチ代表のシステム変更に戸惑う選手たちの姿が見られました。結果、後半はマークにズレが生まれ、全体のラインが下がり、それを修正できないまま失点を重ねてしまいました。

今の日本代表のように「相手」への意識を強く持って守備をするなら、相手のシステム変更に対し、日本代表も形を変えながらマークを明確にしていくのもひとつの手だと思いますが、ハリルホジッチ監督も選手も昨日はその手を使いませんでした。

これから本大会まで、対戦相手が決まれば、スカウティングが各国で緻密に行なわれ、ハイチ代表のようなシステム変更は、今の日本代表に対峙するチームは当然考えるはずです。それに対する日本代表の対処もこれから擦り合わせていくと思いますが、その辺りもこれからのハリルジャパンの見どころです。

さて、この2試合で新たに見えてきたものはそれほど多くありません。評価を上げた選手も限られます。

槙野選手は長年ベンチに座り続けてきた時間を無駄にしなかったことを安定したパフォーマンスで示しました。これで、吉田選手の相棒選びは横一線になったと思います。ということは、怪我で戦列を離れている森重選手にもチャンスが出てきたのではないか、と予想します。スタメン争いという点では左のセンターバックが混沌としてきました。 もうひとつは右のFWです。浅野選手、久保選手とも、一時期の確信に満ちたプレーぶりは見られず、このポジションも読めなくなってきました。ハリルホジッチ監督が途中から原口選手をこの位置で使ったことからも、人材豊富な左サイドから選手を移すテストは、これからも行なわれるのではないかと思います。

この2試合で最も目に見える結果を出したのは倉田選手。ハイチ戦でも自身の得点シーンだけでなく、杉本選手の得点シーンでも、前線にボールが入った時の絡みで彼の特長を見せました。ハリルホジッチ監督がインサイドハーフに期待する動きはあのようなプレーであるとすると、今回最もアピールできた選手とも言えるのではないでしょうか。

ハイチ代表戦は、結果、内容ともにさみしいものでしたが、これも道の途中です。この試合に関してよりも、放置されたままの課題に目を向けましょう。自陣での守備、センターバックとサイドバックの間、長谷部選手不在時の戦い、ボールを持たされた時の共通理解。選手の見極めもありますが、そろそろひとつずつ解決策をチームとして提示していかないと間に合わなくなる。そんな危機感を覚えた試合でした。

【PHOTO】日本×ハイチ戦の美女サポーターたち❤

【日本代表PHOTO】2点を先行も崩壊し、ハイチと引き分けるのが精一杯…

【著者プロフィール】
岩政大樹(いわまさ・だいき)/1982年1月30日、山口県出身。J1通算290試合・35得点。J2通算82試合・10得点。日本代表8試合・0得点/鹿島で不動のCBとして活躍し、2007年からJ1リーグ3連覇を達成。日本代表にも選出され、2010年の南アフリカW杯メンバーに選出された。2014年にはタイのBECテロ・サーサナに新天地を求め、翌2015年にはJ2岡山入り。岡山では2016年のプレーオフ決勝に導いた。今季から在籍する東京ユナイテッドFCでは、選手兼コーチを務める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森山監督 U-17日本代表メンバー発表、21人の選考理由要旨
福岡のDF冨安健洋を一刻も早く代表へ。それが日本の未来を明るくする
3試合ぶり先発出場の宇佐美貴史、CKで決勝ゴールの起点に!
華原朋美、ついに歌手引退か...涙の真相とは
【AFC U-19女子選手権中国2017 ベトナム戦 ハイライト】宝田沙織がハットトリック、ヤングなでしこがベトナムから大量8得点で初戦を飾る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加