7番人気マルターズアポジーが逃げ切りV 重賞3勝目/関屋記念

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/08/15
No image

武士沢騎手鞍上のマルターズアポジーが逃げ切りで重賞3勝目(撮影:下野雄規)

13日、新潟競馬場で行われた関屋記念(3歳上・GIII・芝1600m)は、好スタートを決めて先手を取った武士沢友治騎手騎乗の7番人気マルターズアポジー(牡5、美浦・堀井雅広厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、好位から懸命に差を詰めた4番人気ウインガニオン(牡5、栗東・西園正都厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分32秒2(良)。

さらにクビ差の3着に5番人気ダノンリバティ(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)が入った。なお、2番人気ロードクエスト(牡4、美浦・小島茂之厩舎)は6着、1番人気メートルダール(牡4、美浦・戸田博文厩舎)は12着、3番人気ブラックムーン(牡5、栗東・西浦勝一厩舎)は15着に終わった。

勝ったマルターズアポジーは、父ゴスホークケン、母マルターズヒート、その父Old Triesteという血統。昨秋以来のマイル戦で見事に逃げ切り、福島記念、小倉大賞典に続く重賞3勝目を挙げた。

【勝ち馬プロフィール】
◆マルターズアポジー(牡5)
騎手:武士沢友治
厩舎:美浦・堀井雅広
父:ゴスホークケン
母:マルターズヒート
母父:Old Trieste
馬主:藤田在子
生産者:山岡牧場
通算成績:22戦8勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2016年福島記念(GIII)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「降りようと思ってる」発言も......松本人志『ワイドナショー』年内終了!? 上原多香子騒動が決定打か
最年少は4歳! 際どいハイレグも着こなす「女児下着ショー」に非難殺到
人には言えない「ひとりエッチしてる率」を調査 2、30代女性は3割が...
【保存版】付き合って初のエッチ前に最低限知っておいたほうが良いこと4つ
上原多香子、無言で謝罪する足元に漂う違和感で囁かれる「妊娠説」!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加