朝ドラわろてんか指針は「大阪のおばちゃんの反応」

朝ドラわろてんか指針は「大阪のおばちゃんの反応」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07
No image

月例の局長会見を開いた角英夫局長(撮影・村上久美子)

東西とも視聴率20%超えもあり、高視聴率を堅持するNHK連続テレビ小説「わろてんか」(月~土曜午前8時)をめぐる成否の指針は、地元商店街でのたこ焼きの割引率だった-。

「わろてんか」を制作するNHK大阪放送局は7日、角英夫(かど・ひでお)局長が定例会見を開き、番組の後藤高久チーフ・プロデューサー(CP)も同席。後藤CPはドラマの反響、手ごたえ、指針を「商店街のおばちゃん、おっちゃんの反応から見ている」と明かした。

ヒロイン葵わかな(19)が、吉本興業の創始者・吉本せいをモデルにしたてんを演じ、大阪に「笑(ショー)ビジネス」を根付かせようと、松坂桃李ふんする夫藤吉とともに奔走していく物語。後藤CPは、自宅近所にある商店街で、住民や商店主からの反応を得て「いいか悪いか、受け入れてもらえているか、そうでないか」を、感覚的にとらえているそうだ。

「放送が始まった頃より、今の方が、ヒロインが苦しんだり、(嫁姑問題などでも)つらい目に遭ったりして、反応が良くて『ひじょうにおもしろくなった』と言ってもらえる。たこ焼き20円、負けてもらう日も増えましたし、正しい指標やと思います」

商店街で、たこ焼きの割引をひとつの基準に、番組の“好感度”をはかっており、今後への手ごたえも感じる日々だ。年末年始の放送では、大正から昭和初期にかけて、大阪の演芸劇場で大流行した「安来節」を取り上げるといい、後藤CPは「この時代に、こんなことがあったのか、と、当時のことを知ってもらえれば」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『陸王』大不評BGM「ジュピター」消滅に歓喜の声続出「不評すぎてやめたのかな?」
小池栄子、宮迫の不倫釈明をバッサリ「クソつまんなかった」
いしだ壱成の23歳年下彼女がバラエティ初登場! デート動画初公開
いしだ壱成の彼女がバラエティー初出演 坂上忍がバッサリ「失敗する家系」
tofubeats、『電影少女』主題歌書き下ろし&音楽監修に「まさか」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加