最新ランキングをチェックしよう
日本の水族館が抱える「ラッコのセックスレス」問題

日本の水族館が抱える「ラッコのセックスレス」問題

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2017/02/13

雌ラッコのミール。高齢に加えて体調の悪化で、残念ながら’16年1月に永眠した
 ’14年、野生の生息数の減少や’90年代後半からの輸入停止により、国内の水族館からラッコの姿が消えるのではないかと噂された。現状をサンシャイン水族館の飼育員・福井正志氏は「日本とヨーロッパ圏全体の飼育数は現在も減少の一途をたどっています。当館のラッコも’16年2月末をもって展示を終了しました」と説明する。

 最大の要

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
声優の鶴ひろみさんが首都高で突然死、事故防ぐ行動に感嘆の声も―香港メディア
「鉄育」開始! 「走るSL教室」「SLかるた」などで郷土愛を育成 JR東日本高崎支社
都内で震度5強を想定 ヘリなど使い大規模訓練
今季初-15°C以下 全国で寒さの厳しい朝に
電車が20秒早く発車して謝罪、正確で礼儀正しい日本に驚きの声―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加