ボート・カヌー IOCが韓国開催も検討か

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/18

2020年東京オリンピック・パラリンピックのボートとカヌーの会場について、大会組織委員会関係者は日本テレビの取材に対し、「現在の計画が変更された場合、IOC(=国際オリンピック委員会)が韓国での開催も検討している」と明らかにした。

東京大会のボートとカヌーの会場をめぐっては、東京都の調査チームが、東京・臨海部の「海の森水上競技場」から宮城県の「長沼ボート場」への変更などを含め、大幅な見直しを提案している。

それに対し大会組織委員会関係者は日本テレビの取材に対し、「現在の計画が変更された場合、IOCが韓国・忠州市のボート場での開催を検討している」と話している。

IOCは都の調査チームが示した長沼への変更より、現在の計画を支持しており、IOCが2年前に示した五輪改革方針では「例外的」としながらも開催国外での実施も容認している。

このことから代替地で新たな競技場を整備するよりも、国際大会の開催実績もある韓国の会場への変更も視野に検討している可能性がある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
CLで大健闘のレギア、試合後には大統領も祝福に訪れる
<サッカー>中国クラブからの“破格の条件”を拒否した槙野智章に、中国のサッカーファンの反応は...
レアルが34戦無敗でクラブ記録に並ぶ...デポルティボ戦で新記録樹立へ
失点しての“目覚め”は悪い...鹿島MF遠藤「2倍3倍のパワーを使う」
対戦できるのが“光栄”...オークランド指揮官が鹿島称賛「手強いチーム」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加