夫婦関係の山場は結婚「15~35年」と「50年以降」にやってくる

夫婦関係の山場は結婚「15~35年」と「50年以降」にやってくる

  • @DIME
  • 更新日:2019/07/20
No image

永遠を誓い合った夫婦といえど、元はと言えば赤の他人。その2人が一つ屋根の下で暮らす以上、幾度か危機が訪れるのは仕方のないことだ。では、その「危機」は、いったいどのタイミングでやってくるのだろうか?

そこで今回、20代~70代の既婚男女1,076名を対象にした「夫婦の危機」に関するアンケート調査の結果が発表されたので、紹介していきたい。

夫婦の仲の山場は結婚「15年~35年」と「50年以降」!?

結婚年数別に「現在、夫婦の仲は良いか」と尋ねる調査が行われたところ、結婚年数が浅いほど「とても良い」と回答した割合が高く、年数が経つにつれて「普通」の割合が緩やかに増加した。

「とても良い」「やや良い」「普通」を合算した割合は全年数において9割前後を維持しており、大半の夫婦は大きなトラブルなく生活しているようだ。

No image

続いて、夫婦仲が「やや悪い」「とても悪い」と回答した割合に注目したところ、結婚年数が「15年以上」からグッと増えており、「35年未満」まで10%以上となっている。「35年以上40年未満」では4.7%まで下がっているものの、「50年以上」では再び10.4%まで急上昇しており、夫婦危機を迎えやすいのは結婚「15年以上35年未満」と「50年以上」であることが分かった。

No image

「男性が働いている」間は夫婦仲崩壊のキケン大!

次に、「現在、夫婦の仲は良いか」と尋ねる調査が行われた。夫婦仲が「やや悪い」あるいは「とても悪い」と回答した割合に注目した時、「夫は働いているが自分は退職している」妻の15.9%は夫婦仲が良くないと思っていることが明らかに。

ワースト2位は「どちらも就業中」の妻(9.9%)となっており、意外にも男性が働いている時期の方が女性は不仲を感じるようだ。これは恐らく、仕事にのめり込んでしまう男性の気質や社会の慣習が影響しており、一緒に何かを楽しむ時間がなかなか持てないため、女性の不満が溜まってしまっていると考えられる。

No image

「2人とも退職済み」の場合、夫婦仲は男女で回答が異なる結果に。

夫婦いずれか、あるいは両方が退職している人を対象に、「2人とも働いていた時と比べて夫婦仲はどうか」と尋ねる調査が行われたところ、片方が働いていて、片方が退職済みの場合、男女共に「働いていた時の方が仲良し」と回答した割合が高くなっていた。

一方、2人とも退職済みの人の場合、男性は「退職後の方が仲良し」と回答した人の方が多くなったのに対し、女性は「働いていた時の方が仲良し」の方が多数派となった。男性と女性の感じ方に乖離があるようだ。

No image

「働いていた時の方が仲良し」と答えた人の理由

・終日、顔を突き合わせているのが苦痛になる。お互いに遠慮が無くなり、言いたいことなど遠慮なく言いあう。相手を重んじることが少なくなる。(70代・男性・2人とも退職済み)
・忙しさにあまり相手をしてあげられないことに不満を持っている様子。(50代・女性・夫のみ退職済み)
・家に毎日いて朝昼夜とお食事の支度が大変です。(70代・女性・2人とも退職済み)
・一緒にいる時間が多すぎ・・・疲れる、もう飽きた!!(70代・女性・2人とも退職済み)

「退職後の方が仲良し」と答えた人の理由

・フルに仕事をしていた時は毎日イライラして怒りっぽかったが、最近は少なくってきたから。(60代・女性・自身のみ退職済み)
・お互い時間が出来て、ゆったりした、関係が続いています。(60代・男性・2人とも退職済み)
・毎日一緒にいて、相手が今何をしているのか見え、考えていることも分かるようになりました。(60代・女性・2人とも退職済み)

夫婦共通の趣味がある人で「仲良し」と答えた人は50%超え!

共通の趣味がある人の中で「とても良い」「やや良い」と回答したのは過半数の56.7%だったのに対し、共通の趣味がない人の中では20.0%に留まり、共通の趣味の有無で大きく差が出た。やはり共通の趣味は夫婦の仲を取り持つ大きなツールであることが分かった。

No image

夫婦の共通の趣味、9割超が「旅行」と回答。

夫婦仲が「とても良い」「やや良い」と回答した人を対象に「夫婦共通の趣味」を田主なる調査が行われたところ、 1位は「旅行」(92.2%)となり、2位の「食べ歩き」(60.7%)に30ポイント以上の差をつけた。一緒に景色を見たり、美味しいものを食べて感動を共有することは夫婦仲にも大きな影響を及ぼすようだ。

No image

夫婦円満になるためのアドバイス

・お互いの志向を尊重すること。価値観の押し付けは良くない。(50代・男性)
・無視せず、過干渉せず、お互いのペースを尊重。(60代・男性)
・二人ともガイドヘルパーをしている。共通の話題が生まれ、仕事を続けるため健康にも留意するようになる。何か仕事を持つことは大切だと思う。(70代・男性)
・個の時間を大切にしつつ、共通の話題や趣味をいつまでも大切にする。 お互い家でリラックスできる時は、好きな物を食べたり飲んだりして会話をする。(40代・女性)
・パートナーの話をよく聞いて話の返事をしてやることです。(60代・男性)
・親しき中にも礼儀あり。日常の挨拶と感謝の言葉をお互い欠かさないように。(50代・男性)

■調査概要
調査タイトル:「夫婦関係」に関するアンケート
調査対象:20代~70代の男女1,076名
調査期間:2019年6月27日~6月30日
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社エアトリ

出典元:株式会社エアトリ

構成/こじへい

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
子供がうんちを好きな理由が「パワーワードすぎる」と話題に
ハワイに行ったら要注意!ちょっと恥ずかしい日本人旅行客の行動あるある
ユーチューバー、度を越したイタズラ 通報され涙ながらに謝罪
衝撃...ゴキブリ対策のカン違い。一番効く方法をプロに聞いた
もう兄弟喧嘩しない!上の子が下の子と「仲良しになる」親の一言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加