侍J 先発・薮田は2回2失点、韓国戦での先発濃厚も...

侍J 先発・薮田は2回2失点、韓国戦での先発濃厚も...

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13
No image

日本ハムとの練習試合に先発した広島・薮田=清武総合運動公園(撮影・堀内翔)

「練習試合、日本-日本ハム」(12日、清武SOKKENスタジアム)

侍ジャパンの先発として登板した薮田和樹投手(広島)が2回3安打2失点で降板した。

初回先頭の西川には四球を与えたが、後続を断ち無失点に抑えた。だが、二回は先頭の石井一、続く森山に連打を浴びるなどで1死二、三塁。太田賢にはカウント1-0から右翼フェンス直撃の2点適時二塁打を浴び、先制点を献上した。

「四球を出さず、ストライク先行で試合を作りたい」と意気込んでいた薮田。初戦の16日・韓国戦にも先発濃厚な右腕だが、この日は好投とはいかなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
桑原“第2の魔球”習得宣言 NPBアワーズで危機感「僕は球種少ない」
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡って騒動
五輪エースは菅野!稲葉監督もう指名 アジア王者から一夜、視線は東京へ
残留は退団希望の裏返し?FA宣言見送りの中田に「トレードなら、獲得しやすい」の声
巨人選手が恐れる「鹿取GMの非情コストカット」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加