WTO上級委判断は「遺憾」「制度に欠陥」10以上の国や機関が日本を支持

WTO上級委判断は「遺憾」「制度に欠陥」10以上の国や機関が日本を支持

  • 産経ニュース
  • 更新日:2019/05/16

韓国による福島など8県産水産物の輸入禁止措置を事実上認めた世界貿易機関(WTO)上級委員会の判断を問題視する日本に対し、4月の紛争解決機関(DSB)会合で理解や支持を表明した国々の主な発言内容が15日、判明した。発言した国の大半にあたる10以上の国や機関が日本側に理解を示し、米国は上級委の判断を「遺憾」とし、欧州連合(EU)は現行の紛争解決制度は「内在する欠点がある」と断じた。政府関係者が明らかにした。

WTOの紛争解決手続きの「最終審」に当たる上級委は4月11日に公表した報告書で、韓国の禁輸措置はWTO協定違反とした「1審」の紛争処理小委員会(パネル)の判断を、分析不十分として取り消した。他方、韓国の措置がWTO協定違反かどうかについては判断しなかった。

このため、政府は4月26日のDSB会合で、上級委の判断について「科学的根拠から導かれたパネルの判断を軽視した。紛争解決に資するものとなっていない」と批判した。

同日の会合では、カナダが、韓国の禁輸措置とWTO協定の整合性を「(上級委が)何ら判断しなかった」と指摘し「満足すべき解決が得られなかったのは遺憾だ」と語った。サウジアラビアは、同国が日本に派遣した専門家による調査を踏まえて輸入規制を解除したことに触れ「日本産食品は安全だ」と訴えた。

ブラジル、ペルーも日本の立場に理解を示した。韓国の主張を明示的に支持した国はなかったという。DSB会合での発言は国名も含め非公表が原則だが、これらの国々は、発言内容や国名の公表を承諾した。

政府は6月の20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)などで、紛争解決制度を含むWTO改革に向け国際協調を強める考えだ。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米中衝突、関税バトルの行方 チキンレースに勝つのはどちらの国?
「中国撤退」はもはや時代の流れ それでも残る企業に必要な「6つの条件」とは?
今年米国で売れている自動車トップ10は4つが米車、残りは全部日本車だ!=中国メディア
徴用工問題、韓国紙が唱える珍説 「5月20日」を深読みすると...?
来日トランプに安倍首相がどうしても「護衛艦かが」を見せたい理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加