愛媛新監督にオシム監督元通訳の間瀬氏「覚悟持つ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/29

J2愛媛は29日、今季J3秋田の監督を務めた、間瀬秀一氏(43)が新監督に就任すると発表した。間瀬新監督はクラブを通じて「愛媛の皆様とともに喜び合えるよう、覚悟と情熱をもってそちらに向かいます。よろしくお願いいたします」とコメントした。

間瀬監督は三重県出身で、暁中、高、日体大を経て米国、メキシコ、グアテマラ、エルサルバドル、クロアチアなどでプレー。引退後の03年に、千葉でイビチャ・オシム監督の通訳を務め、オシム監督が日本代表監督に就任後は、同監督の後を継いだ長男のアマル監督の通訳も務めつつ、07年から09年までは千葉でコーチも務めた。10~12年まで岡山、13年に東京Vでコーチを務めた後、15年に秋田の監督に就任し、2季率いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
制度的に穴だらけのCS。来年から廃止になって、選手も喜んでいるだろう
鹿島が逆転で浦和下し“下克上V”! 7年ぶり8度目のJ1制覇達成
試合巧者ぶり光った鹿島、ベンチワークでも上回り逆転V
鹿島・小笠原「ルールはルール」勝ち点15差つけられての優勝に
鹿島サポーターの願い通じる! 敵地でつかんだ劇的V(20枚)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加