すごく「画面が割れにくい」スマホが登場―コンクリに落としてもヘイキ

すごく「画面が割れにくい」スマホが登場―コンクリに落としてもヘイキ

  • インターネットコム
  • 更新日:2016/11/29
No image

すべての動画・画像がある記事はこちら

スマートフォンを使っていると避けられない「画面割れ」のリスク。なにかのはずみにヒビが入ると、見ためはみすぼらしく、使い勝手も悪くなる。そこに注目して対策を強化した新機種が登場した。

富士通が開発し、NTTドコモが取り扱う「arrows NX F-01J(アローズ エヌエックス エフ ゼロイチジェイ)」。12月2日に発売予定だ。

「SOLID SHIELD(ソリッド シールド)」という特殊な構造を採用。内部にステンレススチールのフレームを追加したうえ、四隅に丸みを持たせ、普段使っていて起きがちな落下、それに圧迫などの衝撃に耐えられるようにした。

ディスプレイ周囲には、特殊なアルミニウムを採用し、さらに独自のハードアルマイト加工を施して、チタン合金を超える硬度を実現したとのこと。

NTTドコモのスマートフォン史上最も厳しい試験に合格している。1.5mの高さから26方向でコンクリートに落下させて画面が割れないことを確認したそう。

濡れても壊れない「防水」、ホコリまみれになっても無事な「防塵」仕様で、米国国防総省の定めた軍用規格「MIL-STD-810G」14項目に準拠しており、キッチンや浴室といった屋内で水を使う場面はもちろん、豪雨や雪山などさまざまな環境でも便利に使えるという。

画面サイズは5.5型で、iPhone 7より大きくiPhone 7 Plusと同程度。重さは約169gで、iPhone 7とiPhone 7 Plusの中間。

すべての動画・画像がある記事はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Windows 10ミニTips (141) サインイン画面のメアドを非表示にする
パソコン工房Webサイト、期間限定の「クリスマスセール」開催
回転数1.5倍アップで作業時間を短縮、パナソニックの7.2V対応『充電スティックドリルドライバー』
5年以内に暗闇でも見えるようになる赤外線メガネが実現するかもしれない
ポケモンGOの「謎の仕様変更」 広告ビジネス本格化の予兆か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加