セレーナ不在の全豪OP女子、GS初優勝を狙うAFP注目の5人

セレーナ不在の全豪OP女子、GS初優勝を狙うAFP注目の5人

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/01/12
No image

全豪オープンテニスで四大大会(グランドスラム)初優勝の可能性がある女子シングルスの注目選手をまとめた図解(2018年1月11日作成)。

【AFP=時事】15日から開幕する全豪オープンテニスの女子シングルスでは、大会を7度制している前年女王のセレーナ・ウィリアムス(米国)が欠場を表明したことで、多くの選手に優勝のチャンスが生まれている。ここでは、メルボルンで四大大会(グランドスラム)初優勝の期待がかかる5選手を紹介する。

■シモナ・ハレプ(ルーマニア)

全豪オープンでは過去2シーズン連続で初戦敗退に終わっているハレプだが、2018年は年明けからエンジン全開。深センオープンではシングルスとダブルスの両方で優勝を果たし、「記憶にある限り最高のプレシーズン」を送れていると話している。

ベースラインからの積極的なショットを持ち味とする26歳は昨季、マドリード・オープンで優勝を飾り、他にも大会女王のエレナ・オスタペンコ(ラトビア)と激闘を繰り広げた全仏オープンテニスなど、4大会で決勝に進出した。

大舞台の正念場で力を発揮しきれない選手という評価を覆す必要はあるが、世界ランキング1位で迎える今大会は、最高のスタートダッシュを切るまたとない機会になる。

■キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)

わずか1年前には引退のうわさを否定しなくてはならなかったウォズニアッキは、6年ぶりとなる世界ランク1位復帰を視界にとらえて今大会を迎える。27歳となったウォズニアッキは、2017年をビーナス・ウィリアムス(米国)からの初勝利とWTAツアー選手権制覇で締めくくり、新シーズン開幕戦のASBクラシックでも決勝に進んだ。

昨季は決勝で6回涙をのんだが、9月の東レ・パンパシフィック・オープンでついに壁を破り、シーズン初優勝を果たすと、そこから好調を維持し、ツアー選手権ではエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、ハレプ、カロリーナ・プリスコバ(チェコ)を撃破。世界ランクも1年で19位から2位まで上昇した。

■エリナ・スビトリーナ

昨季のスビトリーナは、イタリア国際やロジャーズ・カップなどを制して全選手中最多となるツアー5勝を記録。世界ランクも9月にキャリアハイとなる3位まで上昇するキャリア最高の1年を過ごした。

まだ23歳ながら、ロジャーズ・カップではビーナス、ガルビネ・ムグルサ(スペイン)、ハレプ、ウォズニアッキに快勝し、ランキング上位勢相手にも強いことを証明しており、強豪が名を連ねた前週のブリスベン国際でも、ジョアンナ・コンタ(英国)やプリスコバを退けて優勝。ランキングも4位まで戻してきた。

■カロリーナ・プリスコバ

すらりとした長身とタトゥーがトレードマークの25歳は、昨季はブリスベン国際などで3勝を挙げ、7月には世界ランク1位を奪取した。大会第5シードで臨んだ昨年の全豪オープンではベスト8入りを果たしたが、今回はそれを上回る成績を目指している。

最大の武器は強烈なサーブで、昨季は69試合で全選手中トップとなる452本のエースをファーストサービスでたたき込んだ。現在のランキングは6位だが、調子がいい時のプリスコバは手ごわい存在で、今年のブリスベン国際ではスビトリーナに敗れて4強止まりになったものの、全豪に向けて良い試運転はできている。

■ジョアンナ・コンタ

オーストラリア生まれ、英国育ちのコンタは、2016年大会でビーナスを1回戦で破り、最後は優勝したアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に敗れたものの、ベスト4入りを果たして大会を盛り上げた。

前回大会は、こちらも最終的に優勝したセレーナに敗れて準々決勝敗退。ウィンブルドン選手権で4強に入った後は長引く負傷の影響もあってスランプに陥り、ランキングも自己最高の4位から9位まで落とした。オーストラリアでのプレーを毎年楽しみにしているコンタだが、今季は昨年優勝したシドニー国際でも1回戦で敗退している。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
全豪がビックリ。29歳にして急成長の 杉田祐一が第8シードを撃破!
同性愛者に対する差別発言をしたマーガレット・コートへの批判弱まる
「はりみう」張本智和&平野美宇ペアが圧勝好発進
日比野菜緒、伊達公子さんにコーチを断られた!?
ズベレフ 全豪2年連続初戦突破
  • このエントリーをはてなブックマークに追加