ドコモ、最大500Mbpsの高速通信に対応した「Xperia XZ」を11月発売

ドコモ、最大500Mbpsの高速通信に対応した「Xperia XZ」を11月発売

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

NTTドコモは19日、Androidスマートフォン「Xperia X」シリーズの最新機種「Xperia XZ」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表した。11月上旬に発売予定。カラーはForest Blue、Platinum、Mineral Black、Deep Pinkの4色。端末価格はMNPが2万円台半ば、新規契約・機種変更が3万円台後半(月々サポート適用時)。

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

Xperia XZ SO-01J(クリックで拡大)

フラグシップ機となる、5.2インチサイズのAndroid 6.0搭載スマートフォン。高速通信技術256QAMに対応し、最大500Mbps(規格値)の通信が可能。電源ボタン兼用の指紋認証センサーも引き続き搭載する。

カメラ機能に注力し、CMOSセンサーとレーザーAFセンサー が搭載されているほか、新たに"RGB"の色情報だけでなく赤外線でも色を識別するセンサー「RGBC-IRセンサー」を加え、3つのセンサーからなる「トリプルイメージセンシング技術」を採用している。動画撮影では5軸手ブレ補正を搭載。近接撮影時などでも、これまで以上に手ブレを抑えられる。

インカメラの画素数は、従来機「Xperia Z3」の220万画素から1,320万画素へ6倍向上した。手をかざすと自動でシャッターを切る「ハンドシャッター」にも対応する。

デザインは新たに、「Xperia Z」シリーズやXシリーズでなどで見られた角張ったデザインではなく、わずかに丸みを持たせたエッジとなった。また、Xperiaとして初めてUSB Type-Cを搭載する。内蔵バッテリは"いたわり充電"により、バッテリが劣化しにくいよう変更。省電力機能「STAMINAモード」は3段階のレベルを選択可能となった。

このほか、音響面ではソニーの独自技術「DSEE HX」を搭載。DSEE HXはCD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする技術。圧縮時に失われた音域の波形を、残されている波形から予測して復元する。MP3楽曲などでは、ハイレゾ相当の音質で再生できるという。ハイレゾ音源の再生も可能。

主な仕様は以下の通り。

OS: Android 6.0

CPU: クアッドコア(2.2GHz×2+1.6GHz×2)

内蔵メモリ: 3GB

ストレージ: 32GB

外部ストレージ: microSDXC(最大256GB)

サイズ: W72×H146×D8.1mm

重量: 約161g

ディスプレイ: 5.2インチ トリルミナスディスプレイ for mobile

ディスプレイ解像度: 1,920×1,080ピクセル

メインカメラ: 2,300万画素

サブカメラ: 1,300万画素

バッテリー容量: 2,900mAh

連続待受時間(LTE/3G/GSM): 約590/650/480時間

通信速度: 受信時最大500Mbps、送信時最大50Mbps(PREMIUM 4G対応)


Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac


Bluetooth: 4.2

防水/防塵: 対応

カラーバリエーション: Forest Blue、Platinum、Mineral Black、Deep Pink

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ショルダー、トート、リュックで使えるMA-1素材の3WAYビジネストート
【ビデオ】ダッジ、米国製マッスルカー初の4輪駆動となる「チャレンジャー GT」を発表!
電源なしでいつまでも音を拾い続けるVesperの超長寿命超低電力マイクロフォンが$15Mの資金を獲得
iOS版Twitterアプリのリプライ表示変更、ミスだった
理想のスペックを追及するノートPC「Eve V」...クラウドディベロップメントによって開発

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加