コロンビアで航空機墜落 元福岡モイゼスは別行動で無事もショック隠せず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/11/30

コロンビア中部メデジン近郊で28日夜、ブラジルのプロサッカーチーム、シャペコエンセの選手ら乗客乗員計81人が乗ったボリビアのチャーター機が墜落した。コロンビアのサントス大統領は29日、75人が死亡し、6人が生存していることを明らかにした。コロンビアの航空当局が発表した搭乗者名簿によると、かつてJリーグに在籍していた監督や選手の計5人が乗っていたが、生存者名簿にはいずれも名前がなかった。チームは30日の南米カップ決勝に出場する予定で、大一番を前に悲劇に見舞われた。

昨季、福岡に在籍していたMFモイゼス(25)は無事が確認された。福岡の関係者が本人と電話で連絡。最近は足を大けがした影響で試合に出られず、チームと別行動を取っているため飛行機に乗らなかったという。モイゼスは墜落の報道にショックを隠せず「けがのおかげなのかもしれないが、チームメートを思うと複雑」などと話したという。モイゼスは昨年8月に加入し、J2で2試合に出場した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジダン監督、レアルのトップチーム指揮が50試合到達...わずか2敗、勝率は?
かつてペレやベッケンバウアーも在籍したNYコスモス、無期限の活動休止...全選手との契約打ち切りへ
<サッカー>中国クラブからの“破格の条件”を拒否した槙野智章に、中国のサッカーファンの反応は...
シャルケ内田、先発で復帰の可能性も...指揮官「準備ができている」
サッカー史上「もっとも姑息なPK」がコレだ!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加