43歳中日岩瀬もう新球解禁「今までなかった魔球」

43歳中日岩瀬もう新球解禁「今までなかった魔球」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/13
No image

新球チェンジアップの握りを見せる岩瀬(撮影・宮崎えり子)

中日岩瀬仁紀投手(43)が13日、鳥取市のトレーニング研究施設「ワールドウィング」で同僚の山井らと行う自主トレを公開した。

現役最年長は今年初ブルペンに入り捕手を座らせ、習得に励む新球のチェンジアップを含む約20球を投じた。「まだ投げるつもりはなかったんだけど…」と苦笑い。スパイクを履かずアップシューズのままの投球だったが、快音を響かせた。

投球を見守ったトレーニング研究施設「ワールドウィング」の小山裕史代表は「普通のチェンジアップではない。今までになかった魔球。岩瀬君のフォームだから投げられる球」と太鼓判。プロ20年目を迎えてもなお挑戦し続ける左腕は「とにかくチームを強くしないとお客さんも楽しくないし、選手も楽しくない。自分もそこに加わりたい。出た試合はなるべく抑えたい。あまり個人のことを考えるのではなく、チームのことを考えたい。個人としては、1シーズン乗り切ることだけ考えます」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
地元・仙台で駆け抜けた7年間 愛された元楽天29歳の足跡
ソフトバンク柳田驚く、糸井の体スーパーサイヤ人化
清宮が右手母指基節骨骨挫傷、打撃練習など取りやめ
韓国の「野神」ソフトバンク入団、コーチ陣を指導
  • このエントリーをはてなブックマークに追加