「国民感覚とずれ」セクハラ疑惑の対応に自民党内も

「国民感覚とずれ」セクハラ疑惑の対応に自民党内も

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/04/17
No image

動画を見る(元記事へ)

福田財務事務次官のセクハラ疑惑に関する財務省の対応について、自民党内からも厳しい声が相次いでいます。

小泉筆頭副幹事長:「橋本参院会長からは、『福田財務次官の問題についての財務省の対応は国民の感覚としてはずれている。不信感を通り越して呆れている状況は非常によくない、財務省は襟を正してもらいたい』とご発言がありました」
自民党の役員連絡会では、財務省が女性記者に調査への協力を要請したことに批判が出ました。また、自民党の二階幹事長は「国会審議を進めないといけない最中に財務省が弁解に終始しないといけないということは、大いに反省してもらいたい」と述べ、財務省の対応に苦言を呈しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
立憲民主にも「セクハラ問題」 安倍政権を追いつめる時に足かせか
支持率3割でも"自爆解散"が出てくる理由
野党が大量欠席!夕刊フジが「税金泥棒」の揶揄に国民絶賛!
山尾志桜里議員、不倫騒動が“泥沼化”へ!? 「永田町ではせせら笑われていますよ」
「国民の敵」小西洋之議員。よほど悔しかったんでしょうねぇ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加