4強入りならず...ベンゲル「がっかりするパフォーマンス」

4強入りならず…ベンゲル「がっかりするパフォーマンス」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2016/12/01
No image

[11.30 EFL杯準々決勝 アーセナル0-2サウサンプトン]

EFL杯(リーグ杯)は30日、準々決勝の2試合を行った。アーセナルはホームでサウサンプトンと対戦し、0-2で敗れた。

試合後、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は「失望している。がっかりするパフォーマンスだった。特に前半戦はね」と敗退に肩を落とした。英『ミラー』が伝えている。

この日の試合は前半13分に先制され、同38分には2失点目。前半のうちに0-2とされ、最後までゴールネットを揺らせなかった。「守備も充分じゃなかった。そのせいで前半、簡単にゴールを決められてしまった」と話した指揮官は「後半戦は良くなったが、まったく得点できないようではね……」と嘆く。

「前半戦は危機管理が足りていなかったし、弱い部分を見せてしまったところがあった。その代償を受けたというわけだ。特に前半戦の動きは鋭さが欠けていた。後半戦はより深い位置でプレーできるようになったし、シャープな動きを取り戻していた」

サウサンプトンに2点を献上しての敗戦。「プレミアリーグのクラブ相手に2得点も許していたら、勝つことは難しいよ」とうなだれた。

●プレミアリーグ2016-17特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レッズ槙野に広州恒大からオファー、実現すれば日本人選手の「中国サッカー観」が変わるかもしれない
バルサ 楽天入りデザイン承認
「トップでの試合出場に毎に5万ユーロ」レアル17歳神童の契約内容が暴露
「ミスター・自信家」に何が起きたのか? ブンデスリーガでいまだ無得点のミュラー
内田、消化試合で復帰の可能性も怪我再発の懸念。相手にとっては望みかけた試合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加