【北ミサイル】政府がJアラートのメッセージ一部変更 「頑丈な建物」→「建物の中」への避難に ミサイル通過に「どこに逃げていいか...」住民要望踏まえ

【北ミサイル】政府がJアラートのメッセージ一部変更 「頑丈な建物」→「建物の中」への避難に ミサイル通過に「どこに逃げていいか...」住民要望踏まえ

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/09/14

政府は14日、北朝鮮による弾道ミサイル発射で全国瞬時警報システム(Jアラート)が作動した際に、対象の自治体などに送信するメッセージの一部を変更したと発表した。

変更したのは、避難の呼びかけと、ミサイルが日本の領土・領海の上空を通過した場合の文面。避難を呼びかけるメッセージはこれまで「頑丈な建物や地下」を促していた。

しかし、8月29日に弾道ミサイルが北海道上空を通過した際、住民から「周辺に頑丈な建物や地下がなく、どこに逃げていいか分からない」などの意見が寄せられた。このため「建物の中、または地下」と屋内避難を強調するものに変更した。

上空通過のメッセージでは、通過地域をより具体的に伝え、落下地点を示すものとした。変更したメッセージは14日以降のJアラートで使用する。

No image

北朝鮮の弾道ミサイル発射を伝えるJアラートのテレビ画面=8月29日

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
英シンクタンク専門家が警鐘「北朝鮮核ミサイル東京直撃なら死者85万人」
逃げる女を確保...ところが止めたはずのパトカーが
ロシア軍が誤ってロケット弾を民間人に向け発射したとされる衝撃的なムービーがYouTubeで公開される
北朝鮮がグアムを執拗に目の敵にする理由
トランプ演説で広がる波紋、北朝鮮が決して許さない言葉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加