最新ランキングをチェックしよう
藤 竜也が選ぶ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本

藤 竜也が選ぶ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本

  • RollingStone
  • 更新日:2016/10/19

新作『お父さんと伊藤さん』で、これまでにない役を演じて新境地を拓いた藤 竜也。長いキャリアのなかで、藤が選んだ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本は、タイプがまったく異なったものとなった。そのひとつひとつに、波乱に富んだ役者人生が刻み込まれている。藤 竜也が選ぶ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本『野獣を消せ』(1969年)この作品で初めて、自分なりのやり口

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
玉山鉄二主演「雨が降ると君は優しい」で、新婚の佐々木希が“セックス依存症”の新妻に挑戦
菅田将暉、アニメ版“新八”声優・阪口大助との対面は「別格の緊張」
7月22日の注目映画第1位は『身体を売ったらサヨウナラ』
パートナー殺害&首吊り...!? 男性ストリップ集団の映画化、デヴ・パテル出演か
菅田将暉 「銀魂」の“本家”新八との初対面に歓喜「別格に緊張する」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加