最新ランキングをチェックしよう
藤 竜也が選ぶ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本

藤 竜也が選ぶ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本

  • RollingStone
  • 更新日:2016/10/19

新作『お父さんと伊藤さん』で、これまでにない役を演じて新境地を拓いた藤 竜也。長いキャリアのなかで、藤が選んだ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本は、タイプがまったく異なったものとなった。そのひとつひとつに、波乱に富んだ役者人生が刻み込まれている。藤 竜也が選ぶ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本『野獣を消せ』(1969年)この作品で初めて、自分なりのやり口

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
満島ひかりが女優としての「覚悟」を見せた映画「海辺の生と死」
カリフォルニア・ディズニーランド「ワールド・オブ・カラー」世界最大級の水と光の魔法!
【速報】『ママレード・ボーイ』が実写映画化決定! 主演は桜井日奈子&吉沢亮ですってよ!!
佐藤浩市が“聖域”外務省の闇暴く!初共演の江口洋介と“最強コンビ”
8月22日の注目映画第1位は『身体を売ったらサヨウナラ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加