最新ランキングをチェックしよう
藤 竜也が選ぶ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本

藤 竜也が選ぶ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本

  • RollingStone
  • 更新日:2016/10/19

新作『お父さんと伊藤さん』で、これまでにない役を演じて新境地を拓いた藤 竜也。長いキャリアのなかで、藤が選んだ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本は、タイプがまったく異なったものとなった。そのひとつひとつに、波乱に富んだ役者人生が刻み込まれている。藤 竜也が選ぶ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本『野獣を消せ』(1969年)この作品で初めて、自分なりのやり口

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『冬きみ』瀧本智行監督が、EXILE/三代目JSB・岩田剛典を絶賛!「彼は俳優としての新境地を自らの手で切り開いた」
『仮面ライダーエグゼイド』と出会えてよかった - 『パラドクスwithポッピー』舞台あいさつ詳報
スティーブン・セガール、ビットコイインの親善大使になる
岡田麿里の初監督作『さよ朝』公開!舞台挨拶で明かされた制作秘話とは?
大事なのは「優先順位」を固定しないこと。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』押井守監督の制作秘話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加