最新ランキングをチェックしよう
藤 竜也が選ぶ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本

藤 竜也が選ぶ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本

  • RollingStone
  • 更新日:2016/10/19

新作『お父さんと伊藤さん』で、これまでにない役を演じて新境地を拓いた藤 竜也。長いキャリアのなかで、藤が選んだ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本は、タイプがまったく異なったものとなった。そのひとつひとつに、波乱に富んだ役者人生が刻み込まれている。藤 竜也が選ぶ『自分の人生のターニングポイントとなった映画出演作』3本『野獣を消せ』(1969年)この作品で初めて、自分なりのやり口

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
5月22日の注目映画第1位は『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』
榮倉奈々、安田顕との夫婦役に「照れくさかったです」
栄倉奈々、映画「家に帰ると-」で本格夫婦役初挑戦
ムーアに捧げる!世界中の男を魅了したスパイよ永遠に
栄倉奈々が「夫が帰ると必ず死んだふり」する妻に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加