Disruptベルリン2017の勝者はバイオのスタートアップ、Lia Diagnostics

Disruptベルリン2017の勝者はバイオのスタートアップ、Lia Diagnostics

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/12/06
No image

ベルリンで開催されたTechCrunch Disruptのスタートアップ・バトルフィールドの参加チームはすべて慎重な事前の審査を経て招待された選り抜きの精鋭ばかりだ。プレゼンはベンチャーキャピタリストやテクノロジー界のリーダーからなる何組かの審査員を前にして行われた。激しい競争を勝ち抜いたチームにはDisrupt杯と4万2000ユーロの賞金が贈られることになっていた。

最初のプレゼンの後、何時間にも及ぶ検討の末、TechCrunch編集部は Blik、Caspar Health、eTrack Tech、Lia Diagnostics、Wandelbotsの5組をファイナリストとして選出した。

これらのスタートアップはSuranga Chandratillake(Balderton Capital)、 Tugce Ergul(Angel Labs)、Luciana Lixandru(Accel Partners)、Matthew Panzarino(TechCrunch編集長)、Mark Schmitz(Lakestar)からなるパネルの前で最後のデモを行った。

ではDisrupベルリン2017のスタートアップ・バトルフィールドの勝者をご紹介しよう。

最優秀賞:Lia

>

Blikは倉庫業務の革新を目指すプロダクトだ。倉庫に何が保管されているか、どのアイテムがどこにあるか、仕掛品であればどの段階のものか、などの情報を容易に管理し、表示できる。ワイヤレス・センサーと屋内位置情報システムを組み合わせてこれを実現している。

Blikについてはこちらの記事を参照。

No image

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
【2017年まとめ】これからのWeb制作に必要なことと、心構え
「1人で6時間で作った」 Twitterで匿名質問「Peing」人気、月間2億PV超えへ
針を使わずに薬を皮下投与するデバイス「PRIME」、武田薬品の薬で製品化へ
姉から送られてきた、3Dプリンターで作った精巧な「トヨタのエンジン」の動画が話題に!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加