【MLB】球史に残るワースト始球式の米ラッパー メッツが4年ぶりに“やり直し”招待

【MLB】球史に残るワースト始球式の米ラッパー メッツが4年ぶりに“やり直し”招待

  • フルカウント
  • 更新日:2018/01/12
No image

始球式の再挑戦のオファーを受けている米人気ラッパーの50セント【写真:Getty Images】

ベースボールカードにもなった米ラッパー、50セントの“名暴投”

バレリーナが登場したり、ダースベーダ?が登場したり。メジャーで行われる始球式は記憶に残るものが多い。その中でも、忘れたくても忘れられない屈指の衝撃始球式が、2014年5月27日のメッツ本拠地で行われたパイレーツ戦で起きた。

この時、マウンドに上がったのは米人気ラッパーの50セント。サウスポーから繰り出されたボールは力強くストライク…とはならず、本塁ベースから4メートルほど一塁ベース寄りに投げ込まれる史上屈指の大暴投となった。先発予定だったジョン・ニース(当時メッツ)も苦笑いするしかなかった記憶に残る始球式は、その後ベースボールカードになるなど、球界に大きなインパクトを残した。

あれから4年。このほどメッツが公式ツイッターを通じて、50セントに“やり直し”始球式の招待を送った。

MLB公式サイトの人気動画コーナー「Cut4」によれば、俳優としても活動する50セントが新作映画に関するインタビューで、衝撃の始球式について述懐。「あの暴投のベースボールカードまで作られたんだ。本物のベースボールカードだよ! でも『ちょっと待て、誰かこれを超えたヤツはいるか!?』って思ったんだ。俺より悪い始球式をした人なんていないだろ」と話すと同時に、再挑戦する用意はあるとしたそうだ。

これに対して数球団がオファーを出したというが、その1つがメッツだった。メッツは公式ツイッターで「ヘイ、50セント。名誉挽回の準備はできてるって!? 今シーズン、始球式に招待するよ。今度はストライクを投げてくれ!」と公開招待した。果たして50セントはどんな返事を返すのか。招待を受けた場合には、今度こそきっちりストライク投球を決めたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バイきんぐ小峠、融通きかない店員に不満
”東京大雪の日に舞い降りた妖精”福島雪菜 初水着グラビアに反響続々
安室の紅白出場で見えてしまった“芸能界の裏”
“整形級メーク”の変貌ぶりがすごすぎる!ゆにばーす・はらがテク紹介
V6・森田剛&宮沢りえ“デキ婚”報道の裏に、りえ本人の「実は妊娠したんです」発言あった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加