不倫をやめられない...28歳女子が陥る「恋愛地獄」

不倫をやめられない...28歳女子が陥る「恋愛地獄」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/03/22
No image

5歳刻みで結婚できる確率はガクンと下がる

人には「不倫適齢期」がある、といえば突飛だろうか。これまでに人生相談を1,000人以上からいただいた身としては、しかし事実である。というのも、不倫をする時期によって「婚活で成婚する確率」が変わってしまうからだ。

あなたはこれまで、婚活サービスを使ったことがあるだろうか?

2017年に結婚した人のうち、1割が婚活サービスを通じて結婚した。割合が急増しているとはいえ、90%以上の方はいまだに「どうやって異性を検索するか」をご存知ないかと思う。

ここでは代表的な婚活ツールである「マッチングアプリ」や「婚活情報サービス」を例に人がどう相手を絞り込むか見てみよう。

まず、あなたはFacebookや食べログで通常するように、メールアドレスやパスワードを使ってサービスへログインする。そうするとお相手候補がずらりと並んでいる。あなたはそこから条件で絞り込んで検索し、「あなたとやりとりしたい」と申請する。その後相手が申請をOKすれば、お互いに連絡を取り合える仕組みだ。

No image

〔PHOTO〕iStock

そしてどのツールでも、身長、年収、年齢など数的なデータは検索できる。

そこで男性が重要視するのが「年齢」だ。婚活においては美人の45歳より、普通の20歳の方がモテる。

男性は10歳以上若い女性を対象にする可能性は高くても、10歳以上年上の女性を選ぶことはまれだからだ。

年齢については「居酒屋で隣にいたすてきな女性へ声をかけたら、偶然10歳上だった」といった恋愛結婚の場合、例外も多い。だが大量のデータベースから条件で絞り込んでいく婚活においては、年齢がシビアな判断材料となってしまうのである。

そして、年齢は「5つ刻み」で検索できることが多い。たとえば年齢なら「20~24歳、25~29歳、30~34歳」といったように、5歳刻みで選んでいく。

ここで、女性が年齢で切られていくことを思い出してほしい。

たとえば29歳と30歳はわずか1年違いにもかかわらず、5歳刻みになっている検索システムのせいで、求められる率が階段状にガクンと下がってしまうのである。

しかし、これはマッチングアプリだけの課題ではない。人は自由に年齢を絞り込めたとしても、つい「5の倍数」で考えがちだ。「できれば40歳以下で」「さすがに46歳以上はないかな」と、5つ刻みで婚活対象は切り捨てられる。だから女性は30歳、35歳の節目を迎えると婚活経由で結婚できる確率が下がっていく。

なお女性は年齢だが、男性も身長や年収で同じセオリーが当てはまる。169cmと170cmでは、検索される数が大きく変わる。年収450万と500万でも同様だ。

女性は29~30歳や、34~35歳など「5つ刻みで切られやすい年齢」を刻む前に婚活へ動きだした方がマッチングしやすくなる。そして男性で年収490万なら軽い副業をして500万にしたほうが、格段に婚活が楽になるのだ。

不倫には「適齢期」がある

ここで、不倫に話を戻そう。

不倫はさまざまなデメリットがある……というよりもメリットの方が少ない恋愛だが(もちろん筆者は不倫を推奨する気持ちはさらさらないが)、それでも「不倫をすることで、さらに害のある年齢」がある。

それが女性では28~29歳、男性では33~34歳ごろだ。

上記の年齢で不倫を始めたとしよう。調査によると不倫の平均期間は1~3年。たとえば28歳で不倫を始めた女性が3年不倫をしたと仮定すれば、31歳で終わりを迎える計算となる。男性なら33歳に始めて、36歳で不倫が終わるとしよう。

そうすると、先ほどの「5歳刻みの壁」を乗り越えてしまうため、検索条件で足切りされてしまう確率が上がる。本人の魅力があったとしても、検索で見てすらもらえない可能性が上がってしまうのだ。

逆にいえば、女性が30歳で不倫を始めて平均的な終わりを迎えても、33歳。5歳刻みの壁は乗り越えていないため、アプリ等へ登録してもマッチング比率はそう変わらない。

不倫の誘いをうけたときに考えるべきことは「奥様の存在」「彼は離婚してくれるのか」「友達へ相談できない」などの感情論だけでなく「5歳刻みの壁を超えると自分は成婚できる可能性が下がる」という、ドライな数字である。

No image

〔PHOTO〕iStock

実際に「5歳刻みの壁」を超えた女性は語る

実際に、28歳で不倫を始め、30歳で関係を終えたAさんに話を聞いてきた。

「彼と関係が終わるまで2年。といっても、会えるのは月に2回程度。彼が家族と過ごすクリスマスや年末年始、長期休暇は会えませんでしたからデートは30回くらいじゃないかなぁ……。彼には感謝してますけど、普通の彼氏だったらもっと会えたり楽しかったのにと思わなくもないです。

それに、(不倫相手の)彼と付き合う前もアプリ使ってたんですね。自分でいうのもあれですけど、そこそこモテたと思います。1日に何通も”いいね”が来て、むしろ選べないみたいな。だから何度かメッセージやって、ダルくなってやめちゃってたんですけど。

(不倫が終わって30歳になってから)再登録したら、やっぱり全然違いますね。”いいね”の数。むしろこっちから連絡しないとダメかなって、でも女がガツガツするのもなって思ってたらあと2ヵ月で31歳なんですけど……やばくないですか?」

同様の経験は筆者にもある。筆者は27歳で当時の彼と別れていた期間で婚活を1度行った。そして現在31歳として婚活をしているが、明らかにオファー件数が下がる。

20代には75歳のおじいちゃんなど「極端な年下好き」からも申請が来るので驚くことも多いが、それくらい年齢を問わず求められるのも20代なればこそだろう。

極端な年下好きとはさすがに結婚できないが、検索される数がたかが5歳刻みの壁を超えたせいで減るならばもったいない。

28歳だからこその「選べない」悩み

また、不倫に対する「決断力」の差もある。38歳で不倫を始める女性は、そこそこ覚悟を決めていることが多い。

周囲に既婚者の友人が多いこともあり、家庭を壊すリスクや自分の婚活年齢であれ「行動の結果取らなければならない責任」を理解しているからだ。

しかし、20代後半女性の周りには未婚女性も多く「不倫をされた妻が何を思い、行動するか」まで想像する力は不足している。

さらに自分自身も不倫相手と別れてまで独身男性と結婚したいのか、それとも略奪婚を狙うか、あるいは愛人と割り切るか……といった決断がなかなかできない。

No image

〔PHOTO〕iStock

だからこそ

「彼が今日は家族と過ごしてるんだよね」
「彼の再婚相手になりたくないけど、別れたくもない」
「仕事が楽しくなってきたし」
「アプリで会った人とデートしてみたけど、彼より好きになれない」

と毎年変わらぬ悩みを抱えながらも、自分がどうしたいか決断できないまま30歳の壁を越えていく。

恋愛結婚で堂々ハントできる女性なら全く問題ないが、受け身の女性は婚活で出会えるチャンスを失うことになる。

男性も同様に34歳から不倫を始めようものならば、あっという間に検索候補で「35歳未満」の枠から外れて成婚率をガクンと下げてしまう。

もちろん、結婚をしたくない方にとってこんな話は余計なおせっかいだ。結婚するだけが人生の幸せではない。

だが不倫に溺れやすい男女は、えてして強い結婚願望、もっといえば「パートナーがいる状態」を求めている。

そのうえで結婚できる確率をガクンと下げる年齢のころくらいは、不倫を避けるべきという提言である。

【参照】
・リクルート ブライダル総研 婚活実態調査2018
・不倫(浮気)の平均期間は1年~3年!3年以上の22%も…不倫がズルズル続く理由って?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「スペックより愛が大事」は嘘だった。女友達の助言に従った結果の、大どんでん返し
どす黒くてネガティブな私の心に効く“言葉の特効薬”。しんどい恋愛に疲れた方には――
ナンパで遊ばれやすい女性の特徴
男性が「彼女に愛されている!」と感じる瞬間4選 たくさん好きを伝えて!
99%の異性がときめく!? 恋愛心理のプロ直伝“モテるテクニック”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加