<個別株動向>シチズン時計、RSC、やまや、パイオニア、スノーピーク=13日後場

<個別株動向>シチズン時計、RSC、やまや、パイオニア、スノーピーク=13日後場

  • モーニングスター
  • 更新日:2018/02/13
No image

シチズン時計<7762>―18年3月期末に普通配当8.5円に創業100周年の記念配当5円を加え、合計13.5円(前期実績8.5円)に増額へ。前週末比50円高の805円。

RSC<4664>―18年3月期の連結利益予想を引き上げ、未定としていた期末配当は3円とし2年ぶりに復配へ。前週末比130円高の1190円。

やまや<9994>―総販売原価を下回る酒類の販売価格を禁止する国税庁告示「新取引基準」を前に買い置き需要などが発生、18年3月期第3四半期(17年4-12月)の連結決算は大幅な増益で着地。前週末比310円高の3325円。

パイオニア<6773>―カーエレクトロニクス市販製品の販売動向を織り込み、18年3月期の連結業績予想を下方修正。前週末比22円安の198円。

スノーピーク<7816>―17年12月期の連結業績予想を引き下げ、損益が赤字に転落へ。前週末比41円安の1401円。◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
英下院の財務省特別委員会、デジタル通貨やDLTに関する審議へ【フィスコ・ビットコインニュース】
税理士に頼まず確定申告、数年後に突然、税務調査で多額追徴課税!
一夜にして5千万円近くが消失、“恐怖指数”金融商品の恐怖
大塚家具、資金ショート危機でちらつく「最終局面」...人材流出、荒唐無稽な成長戦略
4月から三菱UFJ銀行へ社名変更 預金者が必要な手続きとは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加