沙羅は今季最高順位/ジャンプ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/14

ノルディックスキー・W杯ジャンプ女子・個人第6戦(14日、札幌市宮の森ジャンプ競技場=HS100メートル、K点90メートル)平昌五輪代表の高梨沙羅(21)=クラレ=は90メートル、93メートルの合計231・4点で2位に入った。ジャンプ男女を通じて歴代単独最多の54勝目はまたも持ち越しとなったが、今季最高順位を記録した。

マーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=が95・5メートル、98・5メートルの合計251・6点で優勝。今季4勝目となる通算8勝目を飾った。今季2勝のカタリナ・アルトハウス(21)=ドイツ=は合計230・2点で3位。

五輪代表の日本勢は、伊藤有希(23)=土屋ホーム=が5位、岩渕香里(24)=北野建設=は10位、勢藤優花(20)=北海道ハイテクAC=は23位だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
木村拓哉『BG~身辺警護人~』スタッフが頭抱えた「身長差」
「0点」だった小学生の国語の回答が、むしろ天才的だった件!
エロ画像がAirDropで送られてきたのですがどうすれば...
中居正広の「問題発言」ファンもドン引き
指原莉乃、“さしこ100%”生披露&ビキニでコンサート再び
  • このエントリーをはてなブックマークに追加