【ビデオ】飛行モードから走行モードへ10分以内に変形可能! 空飛ぶクルマの市販モデルが間もなく一般公開

【ビデオ】飛行モードから走行モードへ10分以内に変形可能! 空飛ぶクルマの市販モデルが間もなく一般公開

  • autoblog
  • 更新日:2018/02/13
No image

オランダのPAL-V International B.V.社が"世界初の空飛ぶ量産市販車"と謳う「PAL-V Liverty(パルヴィ リバティ)」が、3月に開催されるジュネーブ・モーターショーで一般公開される。

このPAL-V Livertyは、飛行モードから走行モードへ、10分以内に切り替わる。走行モードでは最高出力100hpを発生し、0-100km/h加速が9秒以下、最高速度は160km/h。飛行モードでは最高出力200hp、最高速度180km/hとなる。2人乗りで、価格は39万9,000ドル(約4,340万円)から。購入するには自動車運転免許とパイロット・ライセンスが必要となる。顧客への納車は2019年に始まる予定だ。

詳しい情報を知りたい方は公式サイトをチェックしてほしい。

By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自分のバイクで鈴鹿サーキットをクルージングできる「BIKE!BIKE!BIKE!2018」が、4月28日(土)に開催!
大学ベンチャー 10社に1社が東大発
すごいデザインだ...... 光岡自動車から新型オープンカー「ヒミコ」登場、461万円から
20年前、片道4000円で超ガラガラだった東京湾アクアラインは800円になってこうなった
人気就職先8年連続1位の「銀行」 初の首位陥落
  • このエントリーをはてなブックマークに追加