最新ランキングをチェックしよう
目覚めたらイギリス訛りの英語になっていた米女性 過去にはアイルランド・豪訛りも

目覚めたらイギリス訛りの英語になっていた米女性 過去にはアイルランド・豪訛りも

  • Techinsight
  • 更新日:2019/04/16

米アリゾナ州に住む45歳(報道によっては46歳とも)の女性は、海外旅行の経験がない。アメリカで育ち、アメリカ英語しか話したことがなかったこの女性はある朝、目覚めるとイギリス訛りの英語を話すようになっていたという。『Fox News』などが伝えている。
激しい頭痛と脳梗塞に似た症状で病院に緊急搬送されたミッシェル・マイヤーズさんは2015年、朝目覚めると“クイーンズイングリッシュ”とも言われるイギリ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「カッピング」は疑似科学、米大学教授が警戒を呼び掛け
ゴマすりは会社を救う?波風を立てないクロージングの方法
インスタの“危険すぎるキス写真”に批判殺到...「いいね!のために死にたいの?」
宇多田ヒカル、“過剰運動症候群”と公表 「36歳になるまで気づかなかった」
高齢者運転、7つの掟......「逆キツネポーズ」ができない人は要注意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加