2横綱が初日黒星の波乱 先場所Vの日馬富士は阿武咲に、稀勢の里は玉鷲に

2横綱が初日黒星の波乱 先場所Vの日馬富士は阿武咲に、稀勢の里は玉鷲に

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/14
No image

女の子のファンから手紙とプレゼントを貰い笑顔をみせた日馬富士(左)=福岡国際センター(撮影・持木克友)

「大相撲九州場所・初日」(12日、福岡国際センター)

先場所優勝の日馬富士(伊勢ケ浜)、先場所全休の稀勢の里(田子ノ浦)の2横綱が敗れる波乱の幕開けとなった。

先場所9度目の優勝の横綱日馬富士(伊勢ケ浜)は、小結阿武咲(阿武松)にはたき込みで敗れ、初日黒星発進となった。阿武咲は先場所に続いて日馬富士を破った。

初場所で2度目の優勝を飾ったその後2場所は途中休場、先場所は全休だった横綱稀勢の里(田子ノ浦)は、前頭筆頭玉鷲(片男波)に押し出され、初日黒星となった。立ち合いが合わず、4度目で立った両者は押し合いとなったが、稀勢の里は玉鷲に上体を起こされて、土俵外へと押し出された。

先場所全休の横綱白鵬(宮城野)は、小結琴奨菊(佐渡ケ嶽)を上手出し投げで完勝。鋭い踏み込みから右四つで左上手を取ると、琴奨菊を土俵に転がした。

先場所途中休場でカド番の大関高安(田子ノ浦)は、初日白星発進。去年の夏場所以来の対戦で、過去5勝3敗と勝ち越している前頭二枚目千代大龍(九重)に対して、右からの勝ち上げからはたき込んだ。

先場所11勝の大関豪栄道(境川)は、先場所9勝を挙げて殊勲賞を受賞した前頭筆頭貴景勝(貴乃花)を押し出した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元朝青龍が相撲協会とファンに感謝ツイート「ご迷惑かけたことにたいし...」
白鵬にベテラン実況アナ「あってはならない」 ツイッター上では「毅然としていたのは藤井アナだけ」
やく氏、日馬富士より「白鵬の出場停止が先だろう」アピールを問題視
ビートたけしが目撃した相撲部屋の実状を激白 「大鵬も半端じゃないと言ってた」
日馬富士のブチ切れの“瞬間”を飲食店関係者が証言 鳥取の歓楽街は「あの殺人事件以来の大騒ぎ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加