KDDI、「Xperia XZ」を11月発売 - レーザーAFや5軸手振れ補正でカメラ強化

KDDI、「Xperia XZ」を11月発売 - レーザーAFや5軸手振れ補正でカメラ強化

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/18

KDDI、沖縄セルラーは、2016年秋冬モデルとしてAndroidスマートフォン5.2インチのAndroidスマートフォン「Xperia XZ SOV34」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を11月上旬に発売すると発表した。端末価格は未定。

Xperia XZは、Xperiaシリーズの新フラグシップモデル。サイドに丸みを持たせて手になじみやすいループ形状のデザインを採用するほか、高純度のメタル素材「ALKALEIDO」により、深みのある輝きを表現したという。

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

Xperia ZX

また、カメラ機能が進化。従来の「CMOSイメージセンサー」に加えて、暗い場所でも高速なAFを可能とする「レーザーAFセンサー」、"RGB"の色情報だけでなく赤外線も活用し、撮影時の光源を正確に認識し、自然な色合いを実現する「RGBC-IRセンサー」を新たに搭載。マニュアルフォーカスをサポート。さらに手振れ補正を従来の3軸から5軸に強化。X軸/Y軸を補正することで、マクロ撮影時に起こりやすい"シフト振れ"を補正する。

このほか、ハイレゾ再生やデジタルノイズキャンセリングにも対応。オプションとして、ノイズキャンセリング機能を備えたハイレゾ対応ヘッドセットを「+1 collection」で提供する。バッテリーは「いたわり充電」機能を搭載。ユーザーの行動パターンを学習し、充電を最適化することで、バッテリーへの負担を軽減する。例えば、就寝中は90%程度の充電に抑え、ユーザーの起床時間に合わせて満充電にするといったことが可能となる。

主な仕様については以下の通り。なお、OSについて、出荷時はAndroid 6.0.1 Marshmallowだが今後、Android 7.0 (Nougat)の提供も予定する。

OS: Android 6.0.1(Marshmallow)

CPU: MSM8996(クアッドコア、2.2GHz+1.6GHz)

内蔵メモリ: 3GB

ストレージ: 32GB

外部ストレージ: microSDXCメモリーカード(最大256GB)

サイズ: W72×H146×D8.1mm

重量: 約161g

ディスプレイ解像度: 1,920×1,080ピクセル

メインカメラ: 2,300万画素(CMOS)

サブカメラ: 1,320万画素(CMOS)

バッテリー容量: 2,900mAh

最大通信速度: 下り最大370Mbps/上り最大30Mbps

VoLTE: 対応

ワンセグ/フルセグ: 対応

Wi-Fi: IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)

Bluetooth: 4.2

NFC: 対応

防水: IPX5/8

防塵: IP6X

カラーバリエーション: ミネラルブラック、プラチナ、フォレストブルー、ディープピンク

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
理想のスペックを追及するノートPC「Eve V」...クラウドディベロップメントによって開発
女の子にマッサージも アダルトゲーム「VRカノジョ」が最新VRコントローラー対応で、“手”で触れるプレイが可能に
トヨタ製カーナビアプリが無料公開。使い勝手どう?
【ビデオ】ダッジ、米国製マッスルカー初の4輪駆動となる「チャレンジャー GT」を発表!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加