小関裕太、玉城ティナとの首噛みシーンは「5~6時間くらいかかって...」

小関裕太、玉城ティナとの首噛みシーンは「5~6時間くらいかかって...」

  • クランクイン!
  • 更新日:2018/06/23
No image

映画『わたしに××しなさい!』初日舞台挨拶に登壇した(左から)玉城ティナと小関裕太  クランクイン!<画像をもっとみる>

玉城ティナ小関裕太が、23日に都内で開催された映画わたしに××しなさい!』の公開初日舞台挨拶に出席。小関は玉城の首を噛むシーンの撮影秘話を明かした。

【写真】映画『わたしに××しなさい!』初日舞台挨拶フォトギャラリー

遠山えまによる同名漫画を基にする本作は、高校生ケータイ小説家の雪菜(玉城)と、雪菜に秘密を握られたことを機に恋のミッションを受け続ける羽目になる学園一のモテ男・時雨(小関)が織りなす恋模様を描く。玉城は「最初はキャラクターの濃さだったり、シチュエーションだったりに、いろいろ戸惑うこともあった」と言うも、「過激なシーンは小関さんにすごく助けていただいた」とコメント。

これを受けた小関は「ダブル主演としては、とにかくティナちゃんが引っ張っていってくれた」と感謝し「(雪菜と時雨が)S対Sっていうのが、少女漫画原作の映画でもまた違うところ」と作品の魅力をアピール。「独特なしゃべり方プラスSの部分と、腹黒いSの部分とがぶつかり合って。自分自身、そういう役を演じるのが初めてだったので、新鮮で初めて知ることが多くて、勉強にもなったし楽しかった」と回想した。

玉城は印象的なシーンを聞かれると、最初のミッションである「手を繋ぎなさい」のシーンを選び、「雪菜と時雨の物語が始まっていく最初のミッションだし、すごく印象に残っていますね」と笑顔。一方の小関は、一つのミッションの撮影に「最低4時間かけている」としたうえで「首を噛みなさい」のシーンを選択。狭い空間だったため、カメラワークが制限されたそうで「5~6時間くらいかかってて。大変だったなっていうのと、なかなかないシチュエーション」とも語った。

舞台挨拶にはほかに、佐藤寛太山田杏奈金子大地、山本透監督が登壇。時雨の幼なじみ・マミを演じた山田は、雪菜に腹を立てながらキャベツを切るシーンの芝居を山本監督に称賛され、「本当に手を切りそうで、それが一番不安でした(笑)」と告白。キャベツを切る勢いの良さを褒められると「監督に思いっきりって言われたので」と笑顔で話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ピーターラビット」10月にソフト化、特典にウサギ3姉妹のオリジナルムービー
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』、予告編を公開!ブロリー無双が始まる
「世界で最も失敗した映画」米メディアもあぜん...、豪華キャスト&スタッフの「阿修羅」わずか3日で上映終了―中国
「犬ヶ島」8月にソフト発売、封入特典は10枚組キャラポストカード
平野紫耀×桜井日奈子「ういらぶ。」キンプリの主題歌流れる予告編
  • このエントリーをはてなブックマークに追加