アップル「HomePod」は数週間以内に発売か 投資家筋の情報が浮上

アップル「HomePod」は数週間以内に発売か 投資家筋の情報が浮上

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2018/01/13
No image

アップルの待望のスマートスピーカー「HomePod」が間もなく発売されるとの噂が浮上した。ニュースサイト「9to5Mac」がGBH Insightsのアナリストの見方として、その情報を伝えている。

GBH Insightsが投資家向けのメモで明かした話によると、HomePodは今後4週間から6週間のうちに発売になるという。また、同社の見通しとしては、アマゾンの「エコー」やグーグルの「グーグルホーム」らの競合との戦いでアップルは苦戦することになると伝えている。

筆者は以前にHomePodの実機のトライアルを行ったことがある。HomePodは単体で使用した場合でも、2つを連携させてステレオで使用した場合でも、サウンドのクオリティは素晴らしかった。トライアルはごく短時間で終わったが、この製品のサウンドはアマゾンのエコーを上回るものであると確信した。

また、アップルが「家庭のオーディオを再発明する」と宣言したこのデバイスは、Sonosのスピーカーを上回るものであるとの印象を持った。

ただし、筆者がトライアルを行ったのは数ヶ月前のことであり、現状のHomePodには新たな改良が加えられ、音質もさらに向上しているはずだ。

HomePodはまた、室内の環境を把握し、最適なオーディオ出力を自動で設定する機能も持っている。この製品がハイエンドモデルにふさわしい性能を持っていることに疑いはない。音声アシスタント機能も、昨年の6月と比較すると大幅に進化を遂げているはずだ。

しかし、HomePodは349ドルというかなり高価なデバイスになる。アマゾンのエコーは99ドル、アレクサ対応の「Sonos One」は199ドルで販売されている。

今年の家電見本市「CES」では、アレクサやグーグルアシスタントに対応する様々なデバイスが発表された。HomePodは当初の予定から数ヶ月遅れで市場に投入されることになるが、わずかな期間でこの分野の競争はさらに激化し、デバイスの成熟度もあがっている。

アップルはこれまで、市場のパイオニアになる必要はない、適切なタイミングで最高の製品を出せばいいというスタンスをとってきた。HomePodが昨年末のホリデーシーズンを逃したのは痛手かもしれないが、まだまだ挽回するチャンスはあるだろう。

競合製品を圧倒的に上回るサウンドのクオリティや、シンプルなセットアップ機能、さらにSiriの便利さを統合したデバイスを実現できれば、アップルはスマートスピーカー市場においてもゲームチェンジャーになれるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フルHD高画質録画にHDR機能を搭載したケンウッドのドラレコ『DRV-230』
「グノシー動画自動再生機能」の設定方法について
大興奮!無料で楽しめるVRコンテンツ傑作選
テレビのHDMI端子に挿すだけでDAZNを大画面で楽しめる『Air Stick 4K』
2017年の今日、スマートウォッチの「Activité Steel HR」が発売されました:今日は何の日?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加