米セブン-イレブン一斉摘発 不法入国容疑21人逮捕

米セブン-イレブン一斉摘発 不法入国容疑21人逮捕

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/12
No image

動画を見る(元記事へ)

アメリカのコンビニエンスストア「セブン-イレブン」の約100の店舗に対して移民当局が一斉摘発を行い、不法滞在の疑いで21人が逮捕されました。

ICE(アメリカ移民・税関捜査局)は10日、カリフォルニア州やフロリダ州など17の州でセブン-イレブン98店舗の抜き打ち検査を行い、従業員21人を不法滞在の疑いで逮捕しました。現地のメディアは、トランプ政権が発足してから最大規模の摘発だとしています。アメリカのセブン-イレブン・インクは「検査を受けたのはフランチャイズ店で、事業主に全責任がある」として、店舗契約を解除する意向を示しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホンダの顔、新型『シビック』が降臨!日米で「OTOKOMAE」な走りを味わってきた
ビットコインを「詐欺」呼ばわりのダイモンCEOが発言を後悔
〝1kg〟の定義が130年ぶりに改定されるかも?
「国民皆保険」崩壊で老後に起きる事態
パナソニック、巨額投資に回収不安か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加