鹿児島DF丹羽竜平、相模原へ完全移籍「上位を目指して戦います」

鹿児島DF丹羽竜平、相模原へ完全移籍「上位を目指して戦います」

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/01/12
No image

SC相模原への完全移籍加入が決まったDF丹羽竜平 [写真]=Getty Images for DAZN

鹿児島ユナイテッドFCに所属するDF丹羽竜平が、SC相模原へ完全移籍で加入することが決まった。両クラブが12日に発表した。

丹羽は1986年生まれの31歳。横浜F・マリノスの下部組織出身で、2003年6月からはブラジルのキンゼ・デ・ジャウーでアマチュア登録選手としてプレーし、2004年にヴィッセル神戸へ加入した。セレッソ大阪への期限付き移籍も経験した後、2010年からサガン鳥栖に所属。昨年6月からはジェフユナイテッド千葉へ期限付き移籍で加入し、2017シーズンは鹿児島ユナイテッドFCへ完全移籍で加入した。

昨季は明治安田生命J3リーグで27試合、天皇杯で2試合に出場した丹羽。移籍にあたり、鹿児島に対して以下のようにメッセージを寄せている。

「1年間楽しい時間をありがとうございました。まだユナイテッドは発展途上のチームです。ファン、サポーターの力がもっともっと必要なチームです。これからもユナイテッドを支えてあげてください!短い間でしたがありがとうございました!」

そして加入する相模原に対しては、以下のようにコメントしている。

「みなさん、初めまして。この度相模原でお世話になることになりました、丹羽竜平です。地元に戻ってサッカーができるという喜びを感じながら、相模原のために、チームのために、個人のために、上位を目指して戦います。応援宜しくお願いいたします」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SD最新号が1月25日に発売。巻頭インタビューは内田篤人、特集はJ1&J2リーグの戦力充実度ランキング
大分、DF竹内彬がキャプテンに就任...副主将は鈴木義宜ら4選手
松井、横浜FC入団!決め手はカズ「一緒にサッカーできたら」
浦和新戦力DF18歳荻原“初弾”&絶妙アシスト
松井大輔、「カズさんと一緒にサッカー」で移籍決断
  • このエントリーをはてなブックマークに追加