JOC山下氏がメダル目標明かす 平昌五輪で9個、東京は金30個!?

JOC山下氏がメダル目標明かす 平昌五輪で9個、東京は金30個!?

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/13
No image

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕強化本部長

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕強化本部長(60)は12日、都内で行われた講演会で、18年平昌五輪での日本選手団の目標が「金メダル複数個を含む9個」であることを明かした。

メダル候補としてはフィギュアスケートの羽生結弦、宇野昌磨、スキージャンプの高梨沙羅、伊藤有希、ノルディック複合の渡部暁斗、スノーボードの小野塚彩那、スピードスケートの小平奈緒、高木美帆、女子チームパシュートを挙げた。

また、20年東京五輪についても、あくまで希望的な私見としながら「楽しみな若手がどんどん出てきた。金メダル30個を狙えるんじゃないか」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“ポスト真央ちゃん”本田真凛 年商20億円企業のお嬢様だった
「平昌五輪は大失敗になりそう」、露に続き元全米フィギュア女王も欠場か=韓国ネットから懸念の声
室屋優勝! 年間チャンピオンに佐藤琢磨も興奮 - 2017レッドブルエアレース最終戦
羽生が松田華音と対談「忘れかけた原点思い出せた」
羽生結弦フリーでジャンプ失敗も...初戦で得た“収穫”とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加