『ハンニバル』脚本家が手掛ける『Channel ZERO:キャンドル・コーヴ』、10月14日(土)より配信

『ハンニバル』脚本家が手掛ける『Channel ZERO:キャンドル・コーヴ』、10月14日(土)より配信

  • 海外ドラマNAVI
  • 更新日:2017/10/11
No image

アメリカの有名な都市伝説系サイト 「Creepypastas」に投稿されたネタを元に描かれるホラーアンソロジーシリーズの第1弾『Channel ZERO:キャンドル・コーヴ』が、10月14日(土)よりHuluプレミアにて配信がスタートする。

【関連記事】日本に上陸するのは?新作海外ドラマをご紹介!LAスクリーニング2017:NBC Universal作品紹介『Channel Zero:No End House』

1988年に5人の子どもが殺される事件が発生。被害者の一人、エディの双子の兄弟である児童心理学者のマイクは約30年ぶりに故郷へと戻ってくる。久々に会った友人のジェシカ&ギャリー夫妻と再会を喜び、昔見ていた子ども向けのTV番組「キャンドル・コーヴ」の話をはじめるが、その番組を二人の娘ケイティが最近見たという。その翌日、ケイティが行方不明に...。また、幼い頃マイクとエディが見ていたその番組は砂嵐の画面だったことを母親マーラが打ち明けるのだった。

マイク役をポール・シュナイダー(『ラースと、その彼女』)、マーラ役をフィオナ・ショウ(『ハリー・ポッター』シリーズ)、ジェシカ役をナタリー・ブラウン(『ストレイン』)、ギャリー役をショーン・ベンソン(『タイピスト!』)がそれぞれ演じる。

パイロットの脚本は、『ハンニバル』の脚本に参加したニック・アントスカが手掛け、映画『クロニクル』の脚本/原案を担ったマックス・ランディスとともに製作総指揮も担当している。

『Channel ZERO:キャンドル・コーヴ』はHuluプレミアにて10月14日(土)より独占配信スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Channel ZERO:キャンドル・コーヴ』
© 2016 Universal Cable Productions LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外セレブカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「サメが娘を食べようと...」 15歳少女、間一髪で生還 豪
グッチが注目する日本のアーティスト、ヒグチユウコが描くSPUR最新号
「ゲーム・オブ・スローンズ」ティリオン・ラニスター俳優に第2子誕生
アンジェリーナ・ジョリーが娘達と映画プレミアへ シャイロちゃんは“ミニ・ブラピ”化
パリス・ジャクソン新たなトップレス写真 胸に並ぶ「チャクラ」タトゥー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加