最新ランキングをチェックしよう
がんで余命3カ月宣告の映画作家・大林宣彦「肺がんと聞いてうれしくて」

がんで余命3カ月宣告の映画作家・大林宣彦「肺がんと聞いてうれしくて」

  • AERA dot.
  • 更新日:2018/03/13

映画作家・大林宣彦さん(左)と肩を組む日本対がん協会会長の垣添忠生さん(撮影/岸本絢)

 映画作家の大林宣彦さん(80)は2016年8月、肺がんのステージ4と診断された。余命3カ月。新作「花筐/HANAGATAMI」の撮影開始のタイミングだった。それから1年半近くが経ち、映画は完成(昨年12月公開)し、次回作に挑む。がんと共存し、仲良く語り合っているという大林さんに、元国立がんセンター総長の垣添

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「iPhone 6 Plus」から「iPhone XS Max」に乗り換えて感じた違和感の正体
部屋で二人きりにまでなったのに、なぜ!?意中の男が、指一本触れて来なかった本当の理由
「お願いだから免許返納して」バイクで走行中、本気で怖い瞬間に遭遇し鳥肌!
のん激変、大人っぽい雰囲気に「美人すぎる」の声
小籔千豊が『バイキング』突然降板! 坂上忍に対し「心が折れるときがある」発言も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加