最新ランキングをチェックしよう
がんで余命3カ月宣告の映画作家・大林宣彦「肺がんと聞いてうれしくて」

がんで余命3カ月宣告の映画作家・大林宣彦「肺がんと聞いてうれしくて」

  • AERA dot.
  • 更新日:2018/03/13

映画作家・大林宣彦さん(左)と肩を組む日本対がん協会会長の垣添忠生さん(撮影/岸本絢)

 映画作家の大林宣彦さん(80)は2016年8月、肺がんのステージ4と診断された。余命3カ月。新作「花筐/HANAGATAMI」の撮影開始のタイミングだった。それから1年半近くが経ち、映画は完成(昨年12月公開)し、次回作に挑む。がんと共存し、仲良く語り合っているという大林さんに、元国立がんセンター総長の垣添

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
『あいのり』が“テレビ史上最大の放送事故”に......「完全な傷害事件!」
ユニクロより安い! ワークマンの『2900円防寒パンツ』が暖かすぎる神の性能
ベッキーに苦情殺到!“TV史上最悪の放送事故”と「あいのり」ファン大激怒
大丈夫か...日本地図から消された『最凶集落』の映画化に心配の声
アパマン元従業員が「スプレー缶ノルマ」告発 「私の店舗にも300本が......」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加