日本企業の経営幹部の7割が「AIを積極的に活用しなければ業績低下を招く」

日本企業の経営幹部の7割が「AIを積極的に活用しなければ業績低下を招く」

  • @DIME
  • 更新日:2020/01/15

世界的総合コンサルティング会社・アクセンチュアの最新調査レポートが発表された。それによると、日本企業の経営幹部の77%(グローバル全体では75%)が、人工知能(AI)をビジネス全体に積極的に導入しなければ、2025年までに著しく業績が低下するリスクがあると考えていることが明らかになった。
アクセンチュアのレポート「AI: Built to Scale(ビジネス全体でAIを活用する)https://

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加