世界で最も美しいウニマク島の火山「激しい噴気」地震10時間続く!アラスカ

世界で最も美しいウニマク島の火山「激しい噴気」地震10時間続く!アラスカ

  • ハザードラボ
  • 更新日:2017/12/07
No image

ほぼ左右対称の美をもつ地球上で最も美しい火山、シシャルディン山が活発化か?(写真は2015年3月の噴火のようす/Levi Musselwhite/AVO/USGS)

米アラスカ州アリューシャン列島最大のウニマク島で6日、シシャルディン山が激しく噴気を噴出しているのが確認され、火山を震源とする低周波地震が10時間近く続いた。米地質調査所(USGS)は、火山活動が活発化しているおそれがあるとして、航空コードを黄色に引き上げて注意を呼びかけている。

標高2857メートルのシシャルディン山は、「地球上で最も円錐状に近い火山」と言われ、完璧に近いまでの左右対称の美を持つ火山だ。

最後の噴火は2014年1月に始まり、1年あまり続いていたが、それ以降は噴火の兆候はなく、昨年3月、航空コードが平常の緑色に引き下げられていた。

USGSのアラスカ火山観測所は6日、「山頂火口から排出される噴気の勢いが激しくなり、低周波地震が10時間近く続いて観測された」として航空コードを1段階引き上げた。

アリューシャン列島では、ウニマク島から250キロほど南西に位置するチュギナダック島のクリーブランド山でも今年3月、小規模な爆発が観測されている。

■国内の火山の現状については、ハザードラボ「火山マップ」をご覧ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
肛門に空気入れ死亡か 逮捕の2人「ふざけて...」
在韓邦人退避に陸自ヘリ 釜山-対馬ピストン輸送 北朝鮮有事を想定した政府計画
風俗店入るビルで火災 4人死亡1人重体 さいたま市
ブラック企業大賞にノミネートされた企業って、その後どうなるんです? 運営委員会に聞いてみた
同僚の男2人に体内に空気入れられ男性が死亡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加