高畑充希、達筆で感謝つづる 「カホコロス」も告白

高畑充希、達筆で感謝つづる 「カホコロス」も告白

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/15
No image

高畑充希

女優の高畑充希が14日、インスタグラムを更新し、13日に最終回を迎えた日本テレビ系主演ドラマ「過保護のカホコ」で「1番好きな台詞」の直筆文の写真をアップ。自身も「カホコロス」となっている心情をつづった。また、その字の達筆ぶりに驚きの声も上がった。

インスタグラムには「ここにいるあなたたちの 誰かひとりでもいなかったら 今のカホコはありませんでした」と達筆な字で書かれた紙の写真をアップ。「最終回のなかの、1番好きな台詞を書きました」と説明し「この台詞が口からこぼれた時、それまでカホコでしかなかった自分の心にほんの少し私自身の感情が流れ込んで来て、涙が止まりませんでした」と振り返った。

「この台詞は、まるまる私自身の気持ち」ともつづり、共演者、スタッフらドラマに関わった全ての人への気持ちを代弁しているともいい、「誰か1人でも違っていたら、こんなカホコにはならなかったと思うのです」と感謝した。

また視聴者にも「どれだけテレビの中で頑張ったって、やっぱり観てくれる人がいないと、なにもはじまらない」と感謝を伝え「一緒にカホコを応援してくれてありがとう」ともつづった。

最後には「自分には無いものを沢山持った、愛しい愛しいカホコちゃんを手放し、カホコロスなんてもんじゃないゼ」「泉ママも顔負けだゼ」と、自身も“カホコロス”に陥っていることを告白し「傷心の高畑は打ち上げで飲んじゃうゼ!」と茶目っ気たっぷりにつづっていた。

そんな高畑に、フォロワーからは「素敵なドラマをありがとう」という声と同時に「字が上手すぎて」と驚きの声も上がっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
木梨憲武が原因じゃなかった? スギちゃん、テレビから消えた本当の理由を激白
臆病だった息子が立派になって母を励まし......Twitter漫画の急展開に涙 「最後、ゾワッとした」
東京03・豊本が結婚報告  元不倫相手・濱松恵の反応がヤバすぎると話題に
山瀬まみ骨折、全治3カ月...「志村どうぶつ園」収録前に転倒
有名人の珍しい名字ランキングが発表される → 30位「安室」19位「剛力」2位「筒香」そして第1位は......!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加