最新ランキングをチェックしよう
毎年100人を看取る医師が明かす「憧れた最期・嫌だと思った最期」

毎年100人を看取る医師が明かす「憧れた最期・嫌だと思った最期」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/03/13

東京・世田谷で在宅医療を行い、医師9名(常勤5名・非常勤4名)で約420人の患者をケアしている、桜新町アーバンクリニックの院長・遠矢純一郎医師。同クリニックでは終末期医療を受けている患者も多く、年間120人前後を「看取る」という。そんなベテラン在宅医に、これまで見つめ続けてきた人々の「最期の迎え方」を教えてもらった。
自然に枯れるように
病院での入院をやめ、自宅に戻ることで症状が楽になる患者さんも

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
グラドル小倉優香、『水曜日のダウンタウン』衣装が「確信犯すぎる」と話題
ネット登山家の死亡で「感動ポルノ」批判が再燃
現役部員「集団告発」も!? 日大アメフト、メディアに証言続々
渡部&佐々木希の初共演で浮き彫りになるフジモン夫妻との「格差」
【日大タックル問題】被害者の父が『加害選手の救済』に乗り出す →「みなさんにお願いがあります」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加