最新ランキングをチェックしよう
毎年100人を看取る医師が明かす「憧れた最期・嫌だと思った最期」

毎年100人を看取る医師が明かす「憧れた最期・嫌だと思った最期」

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/03/13

東京・世田谷で在宅医療を行い、医師9名(常勤5名・非常勤4名)で約420人の患者をケアしている、桜新町アーバンクリニックの院長・遠矢純一郎医師。同クリニックでは終末期医療を受けている患者も多く、年間120人前後を「看取る」という。そんなベテラン在宅医に、これまで見つめ続けてきた人々の「最期の迎え方」を教えてもらった。
自然に枯れるように
病院での入院をやめ、自宅に戻ることで症状が楽になる患者さんも

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
バイクで蛇行運転し進路妨害していた男。後ろばかり気にしていたらダサすぎることになってしまい話題に。撮影者も思わず「ダサっ」
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!
中居正広、食後のタバコで店員に怒鳴られた... 「思わぬ理由」に反響相次ぐ
非を認められない・不安定な「韓国国防省・海外の見識者から哀れみ」火器管制レーダー照射
悪質大学サークル会長のご趣味は“人間標的ゴルフ”と“150キロで爆走”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加