仙台育英が毎回安打で爆勝発進!エース長谷川3ラン&6回0封

仙台育英が毎回安打で爆勝発進!エース長谷川3ラン&6回0封

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

先発投手の仙台育英・長谷川=阪神甲子園球場(撮影・中田匡峻)

「全国高校野球選手権・1回戦、仙台育英15-3滝川西」(12日、甲子園球場)

春夏連続甲子園出場の仙台育英が、今大会2度目となる毎回安打の猛攻で圧勝。エース左腕・長谷川拓帆投手(3年)が投打に活躍した。

2点をリードした二回に右越え3ランで追加点をたたき出すなど2安打3打点。バットで自らを助けると、マウンドでは再三走者を背負いながら3併殺などで切り抜け、6回2安打無失点にまとめた。

聖地で放った高校通算4号アーチに「打撃は好きなので。うまく打つことができました」とにっこり。昨秋の明治神宮大会、今春センバツはいずれも初戦敗退に終わっていただけに「1勝できてホッとしました。いい流れに乗ってやっていきたい」と進撃への手応えをつかんだ様子だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
聖光学院、校歌中に「恋人つなぎ」 野球部OBにワケを聞いた
花咲徳栄3年連続16強、次戦は前橋育英と関東対決
智弁和歌山・中谷仁コーチ「看板復活のためいい経験になった」
【野球】強豪私立にもノビノビ野球はある 神戸国際大付が夏初勝利を挙げるまで
甲子園の応援席に現れた芸能人、生徒を沸かせた人と歓迎されない人は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加