バッテリーはどこ?シンプルデザインの電動アシスト自転車「Volta」がカッコいい!

バッテリーはどこ?シンプルデザインの電動アシスト自転車「Volta」がカッコいい!

  • Techable
  • 更新日:2017/03/19
No image

電動アシスト自転車というと、充電式のバッテリーを目に見えるところに取り付け、いかにもという感じなものが多い。

そうした既成概念を打ち破るタイプが登場した。米国カリフォルニア州拠点のスタートアップPure Cyclesが開発した「Volta」。バッテリーもモーターも一見どこにあるのかわからないデザインとなっている。

・バッテリーはパナソニック製

No image

写真を見て、バッテリーがどこにあるかわかるだろうか。実は、サドル近くのフレーム上部の中にある。表に出ていないので、パッと見は電動アシストとは思えない。

バッテリーはパナソニック製のセル。1回のフル充電(要2時間)で最大約65キロも走り、最大スピードは時速32キロとなっている。

・重さ15.8キロ

もう一つ、モーターも後輪のハブに収まっているのも電動アシスト自転車っぽく見えない要因だ。

No image

また、Voltaは電動アシスト自転車は重い、という常識も覆している。乗った後に部屋やオフィスなどに持ち込めるようにと、重さは15.8キロに抑えた。

・アプリにデータ表示

そのほか、ライトやブレーキランプが自動で灯ったり、連携するスマホアプリ(iOS)に各種データ(距離、時間、燃焼カロリーなど)を表示する機能もある。

No image

価格はクラウドファンディングサイトKickstarterで1499ドル(約17万円)~となっている。日本へも発送してくれるが、残念ながら日本の公道では使用不可のよう。

日本の道路交通法に合わせたこんなスタイリッシュなアシスト自転車がほしい、という声が聞こえてきそうだ。

Volta/Kickstarter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
進化のポイントは指紋センサーにあり!モトローラの新SIMフリースマホ『Moto G5 Plus』『Moto G5』
今週の人気記事|音楽配信サービスの価格や内容比較や大学生におすすめしたいiPad Proの便利な使い方など
バイク専用のナビ、「TurnPoint」
照らす範囲を自動調整!スマートな懐中電灯「Luxor Mini」は明るさの強弱も変えられるスグレモノ
2017年、最も人気のプログラミング言語・フレームワーク・データベースは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加