昌子が覚えた審判への不信感。「目の前で満男さんのタックルを見ても、かすりもしないところもあった」

【鹿島】昌子が覚えた審判への不信感。「目の前で満男さんのタックルを見ても、かすりもしないところもあった」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2016/11/30
No image

「そういうのをひっくるめてチャンピオンに相応しいチームを決めるわけですし」。そう語る昌子は、気持ちを切り替えて第2戦に挑む。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

[Jリーグチャンピオンシップ決勝・第1戦]鹿島0-1浦和/11月29日/カシマ

PKによる1失点で敗れた鹿島のディフェンスリーダー昌子は、判定に対する小さくない不満を抱えていた。

決勝点になったPKのシーン(空中戦で西が興梠に身体を当てたプレーがファウルと判定された)だけではない。「負けてからレフェリー(の判定が)っていうと、言い訳でしかないから言いたくないですが」と前置きしつつ、「浦和さんボールになる場面が多かったんではないかと。目の前で満男さんのタックルを見ていても、かすりもしないところもあった」と苦い表情を浮かべた。

ジャッジの基準が公平だったかの議論はさておき、微妙な判定によるPKでの1失点で敗れた鹿島の選手が、レフェリングに不満を持つのは当然のことだろう。しかし、判定はもう覆らない。ここで大事なのは、気持ちの切り替えだ。もちろん、それは昌子も理解している。

「そういうのを含めてのチャンピオンシップだと思うし、そういうのをひっくるめてチャンピオンに相応しいチームを決めるわけですし」

今季、自身のキャリアでベストシーズンと言えるほど、安定して高いパフォーマンスを披露してきた昌子は、精神面でも大きく成長した。12月3日のリベンジマッチは、その成果が試される時だ。悪い流れを引きずらずに、守備陣を牽引する働きができるのか。若きディフェンスリーダーのプレーに注目したい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
江坂に続け!群馬から今季13得点MF瀬川が大宮に完全移籍
現役Jリーガーが選んだ「今季のベストCF」は? J1全18クラブ、計90選手にアンケート!
盛田40歳4カ月最年長/サッカートライアウト名簿
あす2回戦会場でプレゼント抽選会などイベント実施!J内定選手のユニ型ストラップ予約会も
清水が“昇格請負人”小林監督の契約更新を発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加