中垣内ジャパン開幕4連敗...監督記入ミスで交代1回「損」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

3連敗中の日本はアジアの強敵イランに1―3で敗れ、開幕4連敗を喫した。右膝痛のエース石川祐希(21=中大)に代わって出た初代表の山本将平(26=JT)が存在感を示し、第1セットは25―21で取ったが、その後は相手の強打に屈し、初勝利には届かなかった。17日の最終戦は、5度目の優勝を狙う首位のブラジルと対戦する。

石川の人気は違う。先発で名を告げられると、満員の体育館が沸いた。でも、何か変だ。欠場した前戦同様、試合前のアップをしていなかった。コートに立つと、最初のサーブの前に山本と交代。その後、ベンチで待機した。一体、何が起きたのか。

「いつものクセで(石川の背番号)14と書いていた。本来あってはいけない、めったにないこと。交代を1回損するということです」。中垣内監督は包み隠さずベンチの記入ミスだったと説明した。各セット6回の交代ができる。そのうちの1回を、試合開始直後に失っていた。第1セットを奪ったとはいえこれが五輪なら大問題。第2セットから徐々に日本の攻撃に対応するイランに苦しんだ。ブロックで計13得点を奪われ、力の差を見せつけられた。4連敗の低空飛行を象徴するお粗末な一日だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東レの選手たちを支える張り
男子は早稲田大学が優勝、2位は慶應義塾大学 [H29関東大学テニスリーグ]
奥原、凱旋飾る 世界女王「きっかけ」の大会で再び頂点へ!
チブルコバが2回戦へ「ここ一年でもっともよい状態」[東レPPO]
2年ぶり2度目の優勝狙う世界女王の奥原「一球一球、私らしく全力でプレーしたい」【バドミントン スーパーシリーズ ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017<記者会見>】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加