洗濯表示が国際規格に 41種類も見分けられるかな

洗濯表示が国際規格に 41種類も見分けられるかな

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01
No image

1日から洗濯表示が新しくなります。22種類だった記号は41種類になり、48年ぶりの変更です。

洗濯表示は1968年に定められた日本独自の記号を使ってきましたが、1日から国際規格に合わせた記号に変わります。新たな表示は5つの記号が基本で、それぞれ「家庭洗濯」「漂白」「乾燥」「アイロン」「クリーニング」となり、これらの記号に傍線や数字などを合わせ「強度」や「上限温度」などを示します。これまで日本で製造した衣類を海外に輸出したり、海外から輸入する際、洗濯表示を差し替える必要がありましたが、国際規格になることで手間とコストが削減できることになります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
人類はどのようにして人口72億人に増えていったのか?10万年前から現在までの人口増加がわかる世界地図シミュレーション映像
東京メトロ、銀座一丁目駅に全国3例目のふるさと納税支援自動販売機を導入
ランクル・バー & クラリティ・ツリー...東京京橋の新スポットでイベント
北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰
  • このエントリーをはてなブックマークに追加