【セルジオ越後】ACLの逆転劇に驚きはない。川崎には「勝つ文化」が根付いていないんだ

【セルジオ越後】ACLの逆転劇に驚きはない。川崎には「勝つ文化」が根付いていないんだ

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/15
No image

先日のオーストラリア戦でロシア・ワールドカップ出場を決めた日本代表。しかし、本大会までの強化には不安を残す。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

No image

呆然自失な川崎の選手たち。前半のうちに退場者を出す苦しい展開で逆転負けを喫した。(C)SOCCER DIGEST

No image

日本勢対決となったACLの準々決勝では浦和が勝利。ベスト4進出を決めた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

ACL準々決勝での川崎と浦和の日本勢対決は、浦和に軍配が上がった。第1戦では川崎が3-1と先勝していたが、第2戦は浦和が4-1と逆転。ベスト4進出を果たした。

第2戦では、川崎は前半のうちにDFの車屋が退場する苦しい展開を強いられた。守備のバランスを整えるために中村を下げて、最終ラインに人を補充したけど、対応は後手を踏み続けたね。結果論ではあるが、精神的支柱の中村を欠いたからこそ、意思疎通を上手く取れなかったと思う。

本来は守備を固めて逃げ切るべきだったけど、狙いが中途半端だった。1点を取りに行くのか、リードを守るのか、もっと明確にすべきだった。

逆に3点差以上での勝利が必要だった浦和は開き直って攻めていた。浦和としては第2戦をホームで戦えたのも大きかったね。ビハインドを負いながら、ホームの大声援を受けて生き生きとプレーしていたよ。

もっとも結果に関して驚きはない。アウェーでの第1戦を落としたチームが、ホームでの第2戦で逆転するケースは珍しくないからね。ただ、浦和は川崎戦で見せたようなパフォーマンスをなぜリーグ戦で発揮できないのか不思議に感じたよ。リーグ8位と低迷しているだけに、ここから這い上がってもらいたい。

興梠、柏木、R・シルバらタレントはいるんだ。彼らの能力を生かせばもっと上の順位にいけるはずだ。監督が代わったばかりで安定しなかったけど、今回の勝利で自信を手にできたはずだよ。

準決勝で対戦するのはフッキ、オスカールを擁する上海上港だが、今大会のグループステージで戦った際には1勝1敗のイーブンだった。日本の代表チームとして意地を見せてもらいたいよ。 それにしても、川崎はまたも勝負弱さを露呈してしまったね。昨年も鹿島と対戦したチャンピオンシップ準決勝、天皇杯決勝で敗れたが、大一番で結果を残せない悪癖は修正できていない。

楽しいサッカーを追い求めるのは悪くない。でも、浦和や鹿島のようにどんな形でも勝利を求めるチームとトーナメント戦などで戦うと、どうしても差が出てしまう。

それは両チームのサポーターの熱にも表われているように感じる。浦和のサポーターは負ければ選手にブーイングを浴びせることが多いけど、川崎のサポーターは選手に対して温かいイメージがある。それはスタンスの違いだし、どちらが悪いと言うつもりはない。

ただ一昨年、親善試合で川崎がドルトムントに1-6で敗れた時、一緒に観戦していた中田(浩二)が「鹿島だったら試合後に大変なことになっていたはずですよ」と驚いていた。

常にサポーターからプレッシャーをかけられるチームと、結果よりも“楽しさ”を求められるチームでは大事な時に明と暗が分かれてしまうのかもしれない。

昨年も感じたけど、やはり川崎には「勝つ文化」が根付いていないんだ。風間体制で5年間やってもタイトルを取れなかった。今年は鬼木体制で再スタートしたが、体質は変わっていないよ。

やっぱり面白いサッカーをするだけでは勝てない。タイトルを目指すのであれば、これからどう変わるのか真剣に考えるべきだろうね。リーグ戦、ルヴァンカップ、天皇杯と3つのタイトルを狙える状況にあるだけに浦和戦の悔しさを糧にしてもらいたい。
話は変わるが、日本代表の10月の親善試合についても触れておきたい。来年6月のワールドカップに向けた貴重な強化の場だけど、対戦相手はハイチとニュージーランドに決まった。「なぜ?」というのが率直な感想だ。

日本よりFIFAランキングが下のチームと対戦してプラスがあるのか、僕には理解できないよ。

でもスタジアムには多くのサポーターが集まるんだろうね。日本には試合内容よりも、選手を観たい人が多いんだ。それはコンサートでアイドルを応援する感覚に近い。その意味でこの2試合は強化というよりも興行としての色が強い。

もう決まってしまったことは仕方がないけど、11月の活動ではヨーロッパなどの強豪国と戦ってもらいたい。じゃないと世界との距離は一向に縮まらないよ。これまでと同じことを繰り返せば進歩はない。そろそろマンネリを打破してもらいたい。

今のままでワールドカップに出場すれば、グループリーグ敗退が妥当な結果だろう。惨敗してこの4年間はなんだったのかと空しさが残る前に、やるべきことをやってもらいたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
工場勤務から成り上がった背番号17 存在感増すC大阪・福満
長崎の高田社長、チーム好調要因「メンタルが大事」
【天皇杯展望】Jクラブに3連勝の筑波大が大宮と激突! 浦和×鹿島、G大阪×柏のJ1強豪対決も
4度目の“ジャイキリ”なるか...J1大宮に挑む筑波大「我慢強く戦いたい」
【J1ベストイレブン】MVPはハットトリック達成の元ブラジル代表助っ人! ポドルスキがデビュー戦以来の選出|26節
  • このエントリーをはてなブックマークに追加