「第2のアラブの春」が引き金...米国住宅バブル崩壊再来で、世界経済恐慌の兆候

「第2のアラブの春」が引き金...米国住宅バブル崩壊再来で、世界経済恐慌の兆候

  • Business Journal
  • 更新日:2019/11/23
No image

イラクで大規模反政府デモ(写真:AP/アフロ)

世界各地で政情不安が起きている。6月の逃亡犯条例改定案に端を発した香港の大規模デモは日本でも連日報道されているが、中南米ではチリやボリビアの政情が悪化している。中東でも2011年に生じた「アラブの春」が再来する気配が高まっている。米国の制裁に苦しむイランで11月中旬に過激な抗議デモが発生し、国際社会が問題視し始めているが、筆者が注目するのはイラクで10月上旬から続いている大規模デモのほうである。

イラクでは一向に改善しない生活環境への不満が大規模な抗議デモに発展し、死者が300人を超える事態となっているが、収束する気配がまったくない。特徴的なのは、デモの発生がイラク中部以南のシーア派地域に集中していることである。シーア派の支配層に対して、同じシーア派の若者たちが反乱を起こしているのである。

イラクの人口4000万人のうち、米軍侵攻のあった2003年以降に育った若者の比率は60%に達するといわれている。社会の大多数を占める若者たちは、大学を卒業しても就職先が見つからず、不満の矛先が「自国の豊富な石油資源の売却による国家収入が一部の支配層に搾取されている」ことに向けられているのだ(11月12日付「Wedge」記事より)。

「史上初の草の根運動」と指摘されるように、宗教や政治派閥に関係なく「社会正義」の実現を目指している。多くのイラク人が「初めてのレジームチェンジ(革命)の機会だ」と考え始めており、「政権基盤が盤石とされていたムバラク大統領が失脚した2011年のエジプトと同じような様相を呈してきている」との観測もある(11月6日付ニューズウィーク記事より)。

デモ参加者の怒りは、イラクに強い影響力を行使するイランにも向けられている。昨年秋にイランの強い意向で就任することになったアブドルマハディ首相は、抗議運動の激化で一時辞任する腹を固めたが、イランはアブドルマハディ氏に辞任を撤回させ、デモ隊に対して強硬策で当たるよう要求した。

「欧米の情報機関が国内の大規模デモを煽っている」と警戒を強めているイラン指導部が、イラクの政情不安が自国に波及することを回避しようとさらなる介入に及べば、「火に油を注ぐ」結果となるのは目に見えている。このようにイラクで「第2のアラブの春」が勃発しかねない状況になっているのである。

原油価格高騰の懸念

デモ参加者には油田が集中する南部バスラの石油産業労働者が含まれており、イラク最大の港であるウンム・カスルは妨害活動のせいで一時閉鎖される事態に追い込まれた。デモ隊はさらにイラク最大油田での操業を妨害するために幹線道路の封鎖を開始している(11月18日付「OILPRICE」記事より)。

イラクは8月の原油生産量が日量497万バレルを記録するなどOPEC第2位の生産国となっており、南部のバスラから日量約350万バレルの原油が輸出されている。9月のサウジアラムコの石油施設への攻撃のダメージは短期間で回復したが、政情不安による原油生産の減少は長期化する可能性がある。

1978年末に革命が生じたことで、イランの原油生産(日量560万バレル)が大幅に減少した状態が長期化したことにより、原油価格は3倍に急騰した(第2次石油危機)。革命の混乱でイラク南部から輸出されている日量350万バレルの原油が長期間ストップするような事態となれば、原油価格は高騰するのではないだろうか。

イラク発ブラックスワン

原油価格が高騰すればインフレ懸念が高まり、世界の中央銀行は一斉に引き締めモードとなる。これによりバブル化した世界経済が打撃を受けるのは間違いない。世界経済にとって頼みの綱は米国の消費である(11月15日付日本経済新聞記事より)。米国の消費額(約14兆ドル)は、中国、日本、ドイツ、英国の上位4カ国の消費額を合計したものよりも大きい。

だが米国の消費で懸念されるのは、その持続性である。米国の消費者が債務を積み上げて「身の丈」以上の消費を謳歌してきたのは周知の事実だが、なかでも目を引くのは住宅ローンの急拡大である。

ニューヨーク連銀は11月、「住宅ローン残高が9兆4400億ドルに達した」と発表した。低金利に助けられ、住宅ローン残高がリーマンショック直前の2008年に記録した9兆2900億ドルを上回り過去最高となったのである。「景気拡大により住宅などの資産価値が上昇し旺盛な消費を支える」という構図は、リーマンショック前とまったく同じである。

リーマンショック直前の米WTI原油価格が1バレル=140ドルを超えていたように、世界経済を牽引する米国の足元を揺るがせるのは原油価格の高騰のようである。1973年、1980年、1990年のリセッションの直前にも原油価格は高騰していた。

原油価格の高騰で米国の住宅バブルが弾けてしまえば、米国の消費が立ち直るのは容易ではなく、米国経済の長期低迷の影響が瞬時に世界に拡散してしまうのではないか。イラク発の「ブラックスワン(滅多に起こらないが壊滅的な被害をもたらす事象)」に要注意である。

(文=藤和彦/経済産業研究所上席研究員)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中村哲さんの死で護憲を論じる東京新聞の曲解
文在寅政権 vs 韓国検察の泥沼バトル。ついに「自殺者」も...
アメリカの高額な医療費を聞かされた時のイギリス人の反応
【報ステ】フィンランド首相に34歳女性 世界最年少
403万回も再生された「散らかっていた机の上が毎晩勝手に整理される怪現象」の正体を捉えたムービー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加