壊れたiPhoneケーブル使用で14歳少女、睡眠中に感電死(ベトナム)

壊れたiPhoneケーブル使用で14歳少女、睡眠中に感電死(ベトナム)

  • Techinsight
  • 更新日:2017/12/04
No image

明日のために充電することが習慣になっていたのであろう、いつものようにiPhoneをベッド脇で充電しながら眠りについた14歳少女は破損したケーブルで感電死し、そのまま二度と目覚めることはなかった。英メディア『Mirror』『The Independent』『The Sun』などが伝えている。

ベトナムの首都ハノイにあるホアンキエム地区に暮らす少女が、不幸な死を遂げた。14歳のレ・ティ・スアン(Le Thi Xoan)さんは、いつものように自室のベッド脇にiPhone 6を充電し就寝した。

しかしその充電用ケーブルは根本部分が断線しており、その部分に透明のテープが巻かれてあったものの中の配線が露わになっていた。地元警察がスアンさんの寝室に燃えたケーブルを発見しているという。

意識不明の状態であるスアンさんを発見したのは両親だった。スアンさんはすぐさま病院へ搬送されたが助からず、医師らはスアンさんを感電による死亡と断定した。

その後、スアンさんが使用していた充電用ケーブルはアップル社の純正品かそれとも模造品かということが調査されたようだが、本来のアップル社のケーブルよりも50cm短いことから、他メーカーのものを使用していたのではないかということだ。

ケーブルに破損があることを知りながらも使い続けていたことが、今回の不幸な事故を招いてしまったようだ。このニュースを知った人からは「だからフェイクのケーブルを使うのは危険なんだ」「充電したまま眠るとこうした事故を招きやすいから、寝る前にはプラグから外している」「アップル社の正規品が高すぎるから、安い他メーカーを買う人が増えるんだ。アップル社がもっと安く売ればいいのに」「でもそんな低ボルトで感電することなんてあるんだろうか」「まだ若いのにかわいそうに」といった声があがっている。

画像は『Mirror 2017年11月16日付「Teenage girl electrocuted after rolling onto broken ‘iPhone cable’ in her sleep」(Image: Facebook)(Image: AsiaWire)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Socket AM4対応のMini-ITXマザー2モデルがASUSから発売
「家電批評」デスクが選ぶベストバイデジモノは、“じゃないほう”のスマートウォッチ!【自慢の家電ランキング】
2005年の今日、PHSのスマホ「W-ZERO3」が発売されました:今日は何の日?
あと3年で、日本の自動車メーカー等の「品質」は世界で通用しなくなるかもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加