肩こりを解消!肩まわりをすっきり温める肩甲骨エクササイズ

肩こりを解消!肩まわりをすっきり温める肩甲骨エクササイズ

  • 美LAB.
  • 更新日:2018/01/11
No image

肩まわりをすっきり温かくする肩甲骨エクササイズ

こんにちは。パーソナルトレーナーの金子智裕です。 近頃は気温も低くなり、すっかり冬本番となりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。寒いと私たちの体は反射的に肩をすくめ、血管も熱を逃がさないように縮こまってしまいがちに…。そうして硬くなった筋肉や血流の低下は、肩こりや頭痛など様々な症状を引き起こしてしまいます。そんな時期でも肩まわりをすっきりと温かくさせるようなエクササイズをご紹介したいと思います。

肩こり解消のカギは肩甲骨

肩をよく動かすことは肩こり解消や予防にとても大切ですが、まずは肩を支える骨を知っておきましょう。肩の前側には細い鎖骨があり、その鎖骨の外側先端から後ろに行くと肩甲骨という平らな骨があります。その肩甲骨の外側から上腕骨という腕の骨があり、これらによって肩の関節が構成されています。 この中で特に肩甲骨はまわりの骨との付着部が少なく、浮遊骨とも呼ばれています。骨ではなく、多くの筋肉によって肩甲骨は支えられているため十分に動くことができ、肩の動きを作る土台となっています。肩甲骨を動かすことはまわりに付いている多くの筋肉を動かすことになります。できるだけ大きな動きが出せるように意識してエクササイズを始めてみましょう。【肩甲骨エクササイズ】

No image

1.両手を肩の高さに上げ肘を90度曲げます。(立ったままでも行えますが、座っているほうが安定して肩を動かせるかもしれません。)

No image

2.息を吐きながら両手の肘同士を胸の前で合わせます。手のひらが内側を向き、左右の肩甲骨の間が広がるようにイメージして背中の上部を丸めましょう。そのまま2~3呼吸キープします。

No image

3.息を吸いながら上体を起こして肘を広げます。 手のひらが軽く外側に向くように、広がっていた肩甲骨と肩甲骨の間を寄せていきます。(腰が反らないように注意しましょう。)そのまま2~3呼吸キープします。4.2と3を5セットほど繰り返します。

土台から動かしてあげよう

肩甲骨の動きを感じながら行えたでしょうか。肩まわりが温かくなり少しでもすっきりした感触があれば上出来です。肩甲骨はまわりの筋肉に影響されやすいので、筋肉が少し固まっている人は動きが出しにくく肘同士がくっつかなかったりするかもしれません。肘や腕を着けることが目的ではありませんので、肩の動きの元となる肩甲骨を意識してエクササイズを行うようにしましょう。続けることで肩の緊張が解け、柔軟で自由な動きが生まれるでしょう!

金子 智裕パーソナルトレーナー、ヨガ・ピラティスインストラクター提供記事をもっと読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】2万年前の変圧器がコソボで出土! 内部のコイルまではっきり、電力を活用していた超古代文明の最新オーパーツ!
会社は教えてくれない、サラリーマンが確定申告で得する裏技
エナジードリンク「副作用」がハンパ無いことが判明!若者の半数は感じている
【検証】メガネの「最強くもり止め」と言われる『アンチフォグ』をiPhoneのカメラに塗って湯気にさらしたらこうなった!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加