LINEアプリにコミュニティ機能「オープンチャット」が出現

  • Engadget
  • 更新日:2019/08/19
No image

LINEは本日8月19日、LINEアプリの新機能「オープンチャット」の提供を開始しました。iOS/Android向けLINEアプリの最新バージョンに対応。トーク画面上部にオープンチャット機能への誘導アイコンが現れ、利用できるようになっています。

オープンチャット機能は、これまでの「トークルーム」を拡張した機能です。最大の特徴はトークルームごとにメインのLINEアカウントとは別の「プロフィール」を設定できる点。たとえば、アニメファンの集まりでは好きなキャラクターをアピールするプロフィール、学校の連絡用グループでは"○○ちゃんパパ"といったように、ハンドルネーム的に名前を使い分けられます。

また、友だち以外の人も募集できるようになっているのも新たな特徴で、公開設定の場合はLINEアプリのリンクから広く参加者を募れます。非公開設定でもURLやQRコードを使って友だち以外の人を招待できます。ひとつのトークルームには最大5000名まで参加可能です。なお、年齢認証をしていないユーザーや18歳未満のユーザーには、一部機能が制限されています。

ハンドルネームでのコミュニケーションなど、LINEのオープンチャットからは、古き良きコミュニティSNSの雰囲気が感じられます。

LINEはこの他にもタウンガイド機能やSNS検索も含む独自の検索エンジンを展開する構想を発表済み。トークアプリからインターネットサービスへとその戦線を拡大しています。

関連記事:
LINEがグループチャットを強化、管理者ありの「オープンチャット」提供
LINEが「検索」に参入、インフルエンサー検索や弁護士相談も​​​​​​​

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ローランド、マルチ画面動画を簡単に作成できるiOSアプリを配信開始
ストリーミングラジオアプリに個人情報を盗まれる可能性がある
「リスケ」発生、iPhoneの「カレンダー」のイベントをすばやく変更するには?
アップルは子ども向けアプリとサインイン機能に関してApp Storeのルール変更を修正
【今日の無料アプリ】600円→無料♪写真や動画にカラーグレーディングのLUTを適用できるアプリ!「Video LUT」他、2本を紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加